徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 東岡 紗知江/比嘉 仁司/[本田 剛]/[中道 敦子]/[本釜 聖子]/[永尾 寛]/[市川 哲雄]/スダチのにおい刺激および温熱刺激による唾液分泌促進補助法の考案/[老年歯科医学]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
297381
EOID
1041506
Map
0
LastModified
2022年5月5日(木) 21:07:52
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
永尾 寛
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 東岡 紗知江
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 比嘉 仁司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 本田 剛
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 中道 敦子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 本釜 聖子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 永尾 寛([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面補綴学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 市川 哲雄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面補綴学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Considerations on Olfactory Stimulus of <i>Citrus sudachi</i> and Thermo Stimulus to Promote Salivary Secretion

(日) スダチのにおい刺激および温熱刺激による唾液分泌促進補助法の考案

副題 任意
要約 任意

(英) In Japan, a country with an aging population, hyposalivation is becoming a serious problem among the elderly. The purpose of this study was to develop a new method for promoting salivary secretion using the olfactory stimulus of <i>Citrus sudachi</i>, artificial sudachi fragrance, and the combined use of artificial sudachi fragrance with thermo stimulus. Olfactory stimulus of <i>Citrus sudachi</i> is known as a safe stimulus that can stimulate salivary secretion of patients before food intake. However, <i>Citrus sudachi</i> is a seasonal fruit, so its effect was compared to that of artificial sudachi fragrance. The amount of saliva was recorded to evaluate the effect among 94 healthy adult participants who signed an informed consent form approved by the Research Ethics Committee of Tokushima University Hospital (#1283). Since olfactory stimulus easily fades, thermo stimulus was used because it is known to increase salivary secretion continuously. Thus,the effect of artificial sudachi fragrance combined with thermo stimulus using a hot pack on three different parts of the body (eyes, submandibular, chest) was also examined. Changes in salivary secretion was recorded for 1 hour after the stimulation. Results showed that artificial sudachi fragrance increased salivary secretion as much as <i>Citrus sudachi</i>. There was no significant difference between the olfactory stimuli of artificial sudachi fragrance when used alone, and when used in combination with thermo stimulus. However, it was observed that the stimulus which increased salivary secretion the most in 50 minutes was the olfactory stimulus with thermo stimulus on the submandibular. It can therefore be said that the combined use of olfactory stimulus with thermo stimulus is useful when saliva secretion becomes a concern among the elderly, especially at the start of food intake.

(日) 加齢や服薬に伴う唾液分泌能の低下は摂食・嚥下障害や誤嚥性肺炎につながる深刻な問題であり,有効な対策が求められている.本研究では,柑橘系のにおい刺激と顎顔面周囲への温熱刺激の併用によって唾液分泌を改善する方法を試みた.今回の試験では,スダチのにおいを実際の患者の食事に応用するにあたって,量産可能な代替香料の有効性(実験1),および作用の持続(実験2)について検討した.対象者は,健常成人94 名(実験1:68 名,男性37 名,女性31 名,平均年齢24.3±2.1 歳,実験2:31 名,男性23名,女性8名,平均年齢25.5±3.9歳)とした. におい刺激剤としてスダチ果皮より抽出したスダチ精油と,スダチの香気成分資料をもとに精製したスダチ風人工香料を用いた.温熱刺激には,使い捨て温熱アイマスク(めぐリズム蒸気でホットアイマスク<sup>®</sup>無香料,花王株式会社)を用いた.におい刺激の有無と温熱刺激部位別に8 条件を設定し,1 時間の唾液分泌量の変化を比較した.唾液分泌量の測定にはワッテ法を用いた. 安静時を基準とした唾液の増加率において,スダチ精油とスダチ風人工香料間で有意な差は認められなかった.刺激後1 時間の唾液分泌量の変化より,におい刺激は刺激当初に,温熱刺激は徐々に唾液量の増加を促すことが示された.食事時のリハビリテーションへの応用には,食事のタイミングや食事時間を考慮した刺激の組み合わせが有効であることが示唆された.

キーワード 推奨
  1. (英) salivation / (日) 唾液分泌
  2. (英) thermo stimulus / (日) 温熱刺激
  3. (英) smell / (日) におい刺激
  4. (英) Citrus sudachi / (日) スダチ
発行所 推奨 (英) Japanese Society of Gerodontology / (日) 一般社団法人 日本老年歯科医学会
誌名 必須 老年歯科医学(日本老年歯科医学会)
(pISSN: 0914-3866, eISSN: 1884-7323)
ISSN 任意 0914-3866
ISSN: 0914-3866 (pISSN: 0914-3866, eISSN: 1884-7323)
Title: 老年歯科医学
Supplier: 一般社団法人 日本老年歯科医学会
 (医中誌Web  (J-STAGE (No Scopus information.)
必須 29
必須 1
必須 3 10
都市 任意
年月日 必須 2014年 6月 30日
URL 任意 https://ci.nii.ac.jp/naid/130004679682/
DOI 任意 10.11259/jsg.29.3    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意 1390001204334751744
NAID 130004679682
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) %D: 2014

  2. (日) %O: 原著論文/ランダム化比較試験/日本語