徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Omoto Katsuhiro/Maruhama K/Terayama R/Yamamoto Yumiko/Matsushita Osam/Sugimoto Tomosada/Oguma Keiji/[松香 芳三]/Cross-excitation in peripheral sensory ganglia is associated with pain transmission/[Toxins]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
297100
EOID
923785
Map
0
LastModified
2018年8月29日(水) 15:38:30
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松香 芳三
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Omoto Katsuhiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《大本 勝弘 (Omoto Katsuhiro) @ 歯学部 [学部学生] 2006年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Maruhama K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Terayama R
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Yamamoto Yumiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Matsushita Osam
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Sugimoto Tomosada
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Oguma Keiji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 松香 芳三([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.顎機能咬合再建学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Cross-excitation in peripheral sensory ganglia is associated with pain transmission

副題 任意
要約 任意

(英) Despite the absence of synaptic contacts, cross-excitation of neurons in sensory ganglia during signal transmission is considered to be chemically mediated and appears increased in chronic pain states. In this study, we modulated neurotransmitter release in sensory neurons by direct application of type A botulinum neurotoxin (BoNT/A) to sensory ganglia in an animal model of neuropathic pain and evaluated the effect of this treatment on nocifensive. Unilateral sciatic nerve entrapment (SNE) reduced the ipsilateral hindpaw withdrawal threshold to mechanical stimulation and reduced hindpaw withdrawal latency to thermal stimulation. Direct application of BoNT/A to the ipsilateral L4 dorsal root ganglion (DRG) was localized in the cell bodies of the DRG and reversed the SNE-induced decreases in withdrawal thresholds within 2 days of BoNT/A administration. Results from this study suggest that neurotransmitter release within sensory ganglia is involved in the regulation of pain-related signal transmission.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Toxins(Molecular Diversity Preservation International/Multidisciplinary Digital Publishing Institute)
(eISSN: 2072-6651)
ISSN 任意 2072-6651
ISSN: 2072-6651 (eISSN: 2072-6651)
Title: Toxins
Title(ISO): Toxins (Basel)
Publisher: Multidisciplinary Digital Publishing Institute (MDPI)
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 7
必須 8
必須 2906 2917
都市 任意
年月日 必須 2015年 8月 4日
URL 任意
DOI 任意 10.3390/toxins7082906    (→Scopusで検索)
PMID 任意 26248078    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000360202700014
Scopus 任意 2-s2.0-84940830023
機関リポジトリ 111969
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.3390/toxins7082906

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  4. (英) OtherID: PMC4549732

  5. (英) KeywordList.Keyword: botulinum toxin

  6. (英) KeywordList.Keyword: dorsal root ganglion

  7. (英) KeywordList.Keyword: mechanical allodynia

  8. (英) KeywordList.Keyword: transmitter release