徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [郷司 敬洋]/[木村 哲夫]/[宮本 弘志]/Takehara Masanori/Kagamoto kaizo/Okada Yasuyuki/Okazaki Jun/Takaoka Yoshifumi/Miyamoto Yoshihiko/[三井 康裕]/[末内 辰尚]/[田中 久美子]/[藤野 泰輝]/Matsumoto Sayo/Takaoka Toshi/[北村 晋志]/[岡本 耕一]/[木村 雅子]/[曽我部 正弘]/[六車 直樹]/[岡久 稔也]/Sato Yasuhiro/Sagawa Tamotsu/Fujikawa Koji/[佐藤 康史]/[生島 仁史]/[高山 哲治]/A Phase I/II Study of Fixed-dose-rate Gemcitabine and S-1 with Concurrent Radiotherapy for Locally Advanced Pancreatic Cancer/[Cancer Chemotherapy and Pharmacology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
296898
EOID
842772
Map
0
LastModified
2016年12月21日(水) 11:42:48
Operator
高山 哲治
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
高山 哲治
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 郷司 敬洋
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 木村 哲夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 宮本 弘志([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Takehara Masanori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kagamoto kaizo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Okada Yasuyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Okazaki Jun
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Takaoka Yoshifumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Miyamoto Yoshihiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 三井 康裕([徳島大学.病院.中央診療施設等.内視鏡センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 末内 辰尚
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 田中 久美子([徳島大学.病院.中央診療施設等.卒後臨床研修センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 藤野 泰輝([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Matsumoto Sayo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Takaoka Toshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 北村 晋志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. 岡本 耕一([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  18. 木村 雅子(->個人[梶 雅子])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  19. 曽我部 正弘([徳島大学.キャンパスライフ健康支援センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  20. 六車 直樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  21. 岡久 稔也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域総合医療学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  22. (英) Sato Yasuhiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  23. (英) Sagawa Tamotsu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  24. (英) Fujikawa Koji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  25. 佐藤 康史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域消化器・総合内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  26. 生島 仁史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.放射線治療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  27. 高山 哲治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A Phase I/II Study of Fixed-dose-rate Gemcitabine and S-1 with Concurrent Radiotherapy for Locally Advanced Pancreatic Cancer

副題 任意
要約 任意

(英) This study was conducted to identify the maximum-tolerated dose (MTD) of fixed-dose-rate gemcitabine (FDR-gem) administered concurrently with S-1 and radical radiation for locally advanced pancreatic cancer (LAPC) and to provide efficacy and safety data. Patients with unrespectable pancreatic cancer confined to the pancreatic region were treated with FDR-gem (300-400 mg/m(2), 5 mg/m(2)/min) on days 1, 8, 22, and 29 and 60 mg/m(2) of S-1 orally on days 1-14, 22-35. A total radiation dose of 50.4 Gy (1.8 Gy/day, 28 fractions) was delivered concurrently. Twenty-five patients were enrolled; all were evaluable for toxicity assessment. In phase I, eight patients were treated in sequential cohorts of three to five patients per dose level. The MTD was reached at level 2, and dose-limiting toxicities were neutropenia and thrombocytopenia. The recommended doses were 300 mg/m(2) of gemcitabine and 60 mg/m(2) of S-1 daily. The overall response rate was 25% and disease control rate (partial response plus stable disease) was 92%. The progression-free survival was 11.0 months. The median overall survival and 1-year survival rates were 16.0 months and 73%, respectively. The combination of FDR-gem and S-1 with radiation is a feasible regimen that shows favorable antitumor activity with an acceptable safety profile in patients with LAPC.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Cancer Chemotherapy and Pharmacology([Springer-Verlag])
(pISSN: 0344-5704, eISSN: 1432-0843)
ISSN 任意 1432-0843
ISSN: 0344-5704 (pISSN: 0344-5704, eISSN: 1432-0843)
Title: Cancer chemotherapy and pharmacology
Title(ISO): Cancer Chemother Pharmacol
Supplier: Springer Online Journal Archive
Publisher: Springer
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 76
必須 3
必須 615 620
都市 任意
年月日 必須 2015年 7月 21日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s00280-015-2835-3    (→Scopusで検索)
PMID 任意 26220846    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000359817800019
Scopus 任意 2-s2.0-84939568942
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1007/s00280-015-2835-3

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article