徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [曽我 朋宏]/[久米 克佳]/[角田 奈美]/[濵口 英佑]/[堤 理恵]/[川西 良典]/Fukuta Kohei/[田中 克哉]/[Yasuo M. Tsutsumi .]/Fosaprepitant versus ondansetron for the prevention of postoperative nausea and vomiting in patients who undergo gynecologic abdominal surgery with patient-controlled epidural analgesia: a prospective, randomized, double-blind study./[Journal of Anesthesia]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
296149
EOID
805580
Map
0
LastModified
2016年1月19日(火) 14:13:07
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
堤 理恵
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 曽我 朋宏([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域医療人材育成(医学域)])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 久米 克佳
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 角田 奈美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.麻酔・疼痛治療医学]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.麻酔科]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.麻酔・疼痛治療医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 濵口 英佑
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 堤 理恵([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.代謝栄養学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 川西 良典([徳島大学.病院.中央診療施設等.手術部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Fukuta Kohei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《福田 浩平 (Fukuta Kohei) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2015年4月〜》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. 田中 克哉([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.麻酔・疼痛治療医学]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. Yasuo M. Tsutsumi .(->個人[堤 保夫])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Fosaprepitant versus ondansetron for the prevention of postoperative nausea and vomiting in patients who undergo gynecologic abdominal surgery with patient-controlled epidural analgesia: a prospective, randomized, double-blind study.

副題 任意
要約 任意

(英) Compared to ondansetron, fosaprepitant more effectively decreased the incidence of vomiting in patients who underwent gynecologic abdominal surgery with patient-controlled epidural analgesia.

(日) No (0 %) patient in the NKI group experienced vomiting after surgery; however, 4-6 (20-30 %) of 20 patients in the ONS group experienced vomiting. This difference was significant at 0-24, 0-48, and 0-72 h. During the study period, no significant differences existed between the NK1 and ONS groups in the incidence of PONV, complete response rate, rescue antiemetic use, nausea score, and VAS score for pain.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Anesthesia([社団法人 日本麻酔科学会])
(pISSN: 0913-8668, eISSN: 1438-8359)
ISSN 任意 1438-8359
ISSN: 0913-8668 (pISSN: 0913-8668, eISSN: 1438-8359)
Title: Journal of anesthesia
Title(ISO): J Anesth
Supplier: Springer Online Journal Archive
Publisher: Springer Japan
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 29
必須 5
必須 696 701
都市 任意
年月日 必須 2015年 3月 24日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s00540-015-2006-z    (→Scopusで検索)
PMID 任意 25801542    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000363032600009
Scopus 任意 2-s2.0-84945453279
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: JOURNAL ARTICLE