徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Mohd Shahir Kasim/Nor Fakhriah Zakaria/Che Hasan Che Haron/Jaharah Abd Ghani/Raja Izamshah/T Joseph Sahaya Anand/[伊藤 照明]/Modelling and Optimization of Cutting Parameter during Wire-EDM of Inconel 718 using Response Surface Methodology/日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2015・講演論文集

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
294286
EOID
976836
Map
0
LastModified
2020年4月6日(月) 15:58:39
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
伊藤 照明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. Universiti Teknikal Malaysia Melaka
  2. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Mohd Shahir Kasim
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nor Fakhriah Zakaria
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Che Hasan Che Haron
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Jaharah Abd Ghani
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Raja Izamshah
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) T Joseph Sahaya Anand
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 伊藤 照明
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Modelling and Optimization of Cutting Parameter during Wire-EDM of Inconel 718 using Response Surface Methodology

副題 任意
要約 任意

(英) A study on the relationship between wire electrical discharge machine (WEDM) parameters and surface finish are presented. This study analyzed the relationship between cutting parameter as variable input and surface roughness as output. To optimize the surface roughness which was measured both in horizontal and vertical direction, a Box Behnken of response surface methodology (RSM) with three process parameters; voltage, current and feed rate are used. Analysis of variance (ANOVA) was used to study the identified parameters that affecting the machined surface finish. With the results of P-Value and F-Value, machining voltage is known as the most contributing factor, followed by current and feed rate. The direction of measurement was found to be less significant. The linear prediction models were developed with average error of 3.67% and 1.74% horizontal and vertical surfaced roughness measurement direction respectively. The result of the validation also shows a good agreement with predicted values. It is beneficial as to assist machinist in improving the quality of the WEDM surface.

(日) 本稿はワイヤ放電加工機(WEDM)パラメータや表面仕上げとの関係について述べる.本研究では,可変入力および出力として表面粗さなどの切断パラメータの関係を分析した.水平および垂直方向の両方で測定した表面粗さを最適化するために,3つのプロセスパラメータとして,電圧,電流および供給速度による応答曲面Behnken計画(RSM)を使用した.分散分析(ANOVA)は,機械加工された表面仕上げに影響を識別されたパラメータを同定するために使用した. 本稿では,実験の概要と結果について報告し,開発した線形予測モデルについて述べる.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本機械学会
誌名 必須 (日) 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2015・講演論文集
ISSN 任意
必須 15
必須 8
必須 51 52
都市 必須 横浜(Yokohama/[日本国])
年月日 必須 2015年 3月 16日
URL 任意
DOI 任意 10.1299/jsmemsd.2015.51    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 110009965169
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意