徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [岡久 玲子]/[多田 敏子]/保健指導を受けた成人男性の生活習慣改善課程におけるストレングス/[日本地域看護学会誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
293356
EOID
970700
Map
0
LastModified
2020年1月27日(月) 14:13:07
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
岡久 玲子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学
著者 必須
  1. 岡久 玲子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.地域看護学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 多田 敏子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The Strengths of Adult Men Who Received Health Guidance in the Process of Lifestyle Transformation

(日) 保健指導を受けた成人男性の生活習慣改善課程におけるストレングス

副題 任意
要約 任意

(英) Purpose: The purpose of this study is to clarify the strengths of adult men who received the health guidance in the process of lifestyle transformation. Method: The word "strengths" is defined as "the powers and abilities of people" in the lifestyle transformation process. Participants were a total of 15 adult men who received the Specific Health Guidance (age 40s-50s), obtained consent for this study. The design of this study is a qualitative inductive research. Semi-structured interviews were conducted. Interview time needed about an hour per person. The guidance for the interview corsisted of the following points: the nature of life after having the health guidance and the changes that occurred due to the guidance, the meaning of changing the life style, the things that helped make improvements in life style, and the future goals or aims in sustaining this new life style. Results: The results of the qualitative inductive analysis showed six categories of Strengths: the strength to think about one's own life-span; the strength to understand one's own state among one's personal relationships; the strength to analyze one's own personality and lifestyle; the strength to be aware of possible conduct to change one's own lifestyle; the strength to respond to and control stress; and the strength to realize the objectives in the improvement of one's lifestyle habits in accordance with one's own life. Discussion: The contents of the strengths of adult men in their lifestyle transformation process included not only the recognition side but also the action side. And the strengths had the power to create changes. Furthermore the strengths interacted with each other and were brought out from the interaction with others in the time axis of past, present and future. These findings suggest the possibility of introducing the concept of strengths into health guidance for preventing lifestyle-related diseases.

(日) 目的:本研究の目的は,保健指導を受けた成人男性が生活習慣改善過程においてもつストレングスの内容を明らかにすることである.方法:ストレングスとは,生活習慣改善過程において人々のもつ力,能力と定義する.特定保健指導を受診した40歳代から50歳代の成人男性で,本研究に同意を得られた15人を対象とした.1人あたり約1時間の半構造化面接を1回行い,生活習慣改善過程において本人のもつストレングスの内容を質的帰納的に分析した.インタビューガイドは,(1)保健指導後の生活とその変化,(2)生活を変えることの意味,(3)生活習慣の改善の力になったもの,(4)いまの生活を続けて将来どうありたいと思っているかの4項目を用意した.結果:生活習慣改善過程における男性労働者のストレングスとして【長期的な展望で自分の生き方を考える力】【人とのかかわりのなかで自己の存在を認識する力】【きっかけがあれば生活習慣の改善に向けて行動できるという自己認識力】【ストレスに対応しコントロールする力】【自分の傾向や生活を分析する力】【生活習慣改善目標を自分の生活に合わせて具体化する力】の6カテゴリーが抽出された.考察:生活習慣改善過程における成人男性のストレングスの内容は,認識面にとどまらず行動面の変化をもたらす力であった.さらに,ストレングスは相互に関連し合い,過去,現在,未来へと続く時間軸のなかで,他者との相互作用により引き出されていた.本研究結果より,生活習慣病予防のための保健指導に,ストレングスの概念を取り入れることの重要性が示唆された.

キーワード 推奨
  1. (日) 保健指導
  2. (日) 成人男性
  3. (日) 生活習慣改善課程
  4. (日) ストレングス
発行所 推奨 (英) Japan Academy of Community Health Nursing / (日) 一般社団法人 日本地域看護学会
誌名 必須 日本地域看護学会誌(日本地域看護学会)
(pISSN: 1346-9657)
ISSN 任意 1346-9657
ISSN: 1346-9657 (pISSN: 1346-9657)
Title: 日本地域看護学会誌
Supplier: 日本地域看護学会
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 17
必須 3
必須 41 50
都市 任意
年月日 必須 2015年 3月 31日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110009931523/
DOI 任意 10.20746/jachn.17.3_41    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 110009931523
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意