徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [中村 教泰]/[林 幸壱朗]/中野 睦基/金谷 崇史/Kazue Miyamoto/[郡 寿也]/[堀川 一樹]/Identification of Polyethylene Glycol-Resistant Macrophages on Stealth Imaging In Vitro Using Fluorescent Organosilica Nanoparticles/[ACS Nano]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
293042
EOID
887934
Map
0
LastModified
2018年2月13日(火) 16:04:57
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
堀川 一樹
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.先端基礎医学教育研究プロジェクト(2005年1月1日〜2015年3月31日)
  2. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.神経情報医学部門.情報統合医学講座.顕微解剖学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
著者 必須
  1. 中村 教泰
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 林 幸壱朗
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Mutsuki Nakano / (日) 中野 睦基
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Takafumi Kanadani / (日) 金谷 崇史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kazue Miyamoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 郡 寿也([徳島県.徳島県工業技術センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 堀川 一樹([徳島大学.先端研究推進センター.バイオイメージング研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Identification of Polyethylene Glycol-Resistant Macrophages on Stealth Imaging In Vitro Using Fluorescent Organosilica Nanoparticles

副題 任意
要約 任意

(英) An in vitro imaging system to evaluate the stealth function of nanoparticles against mouse macrophages was established using fluorescent organosilica nanoparticles. Surface-functionalized organosilica nanoparticles with polyethylene glycol (PEG) were prepared by a one-step process, resulting in a brush-type PEG layer. A simultaneous dual-particle administration approach enabled us to evaluate the stealth function of nanoparticles with respect to single cells using time-lapse fluorescent microscopic imaging and flow cytometry analyses. Single-cell imaging and analysis revealed various patterns and kinetics of bare and PEGylated nanoparticle uptake. The PEGylated nanoparticles revealed a stealth function against most macrophages (PEG-sensitive macrophages); however, a stealth function against certain macrophages (PEG-insensitive macrophages) was not observed. We identified and characterized the PEG-resistant macrophages that could take up PEGylated nanoparticles at the same level as bare nanoparticles.

キーワード 推奨
  1. (英) organosilica nanoparticle
  2. (英) Cell Line
  3. (英) Endosomes
  4. (英) Fluorescent Dyes
  5. (英) Macrophages, Peritoneal
  6. (英) Mice
  7. ナノ粒子(nanoparticles/->キーワード[ナノ粒子])
  8. (英) Optical Imaging
  9. (英) Organosilicon Compounds
  10. (英) Polyethylene Glycol
  11. (英) Single-Cell Analysis
  12. (英) Sulfhydryl Compounds
発行所 推奨 アメリカ化学会
誌名 必須 ACS Nano([アメリカ化学会])
(pISSN: 1936-0851, eISSN: 1936-086X)
ISSN 任意 1936-086X
ISSN: 1936-0851 (pISSN: 1936-0851, eISSN: 1936-086X)
Title: ACS nano
Title(ISO): ACS Nano
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 9
必須 2
必須 1058 1071
都市 任意
年月日 必須 2015年 2月 2日
URL 任意
DOI 任意 10.1021/nn502319r    (→Scopusで検索)
PMID 任意 25629765    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000349940500004
Scopus 任意 2-s2.0-84923509070
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1021/nn502319r

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  4. (英) KeywordList.Keyword: accelerated blood clearance

  5. (英) KeywordList.Keyword: macrophages

  6. (英) KeywordList.Keyword: polyethylene glycol

  7. (英) KeywordList.Keyword: single-cell analysis

  8. (英) KeywordList.Keyword: stealth nanoparticles