徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [西良 浩一]/Nagamachi Akihiro/[松浦 哲也]/[東野 恒作]/[酒井 紀典]/[鈴江 直人]/[浜田 大輔]/[髙田 洋一郎]/[後東 知宏]/[西庄 俊彦]/[合田 有一郎]/[筒井 貴彦]/[殿谷 一朗]/[宮城 亮]/Abe Mitsunobu/Morimoto Masatoshi/Mineta Kazuaki/Kimura Tetsuya/Nitta Akihiro/Higuchi Tadahiro/Hama Shingo/Subash C. Jha/Takahashi Rui/Fukuta Shoji/A review of the pathomechanism of forward slippage in pediatric spondylolysis : The Tokushima theory of growth plate slippage/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
291934
EOID
907192
Map
0
LastModified
2018年5月23日(水) 17:07:41
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nagamachi Akihiro
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 長町 顕弘
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 松浦 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).脊椎関節機能再建外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 東野 恒作
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 酒井 紀典([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 鈴江 直人
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 浜田 大輔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学]/[徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 髙田 洋一郎([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).脊椎関節機能再建外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 後東 知宏([徳島大学.病院.中央診療施設等.クリニカルアナトミー教育・研究センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 西庄 俊彦([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 合田 有一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 筒井 貴彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 殿谷 一朗([徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 宮城 亮
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Abe Mitsunobu
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 阿部 光伸
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Morimoto Masatoshi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 森本 雅俊 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《森本 雅俊 (Morimoto Masatoshi) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2014年10月〜2019年9月》
    《森本 雅俊 (Morimoto Masatoshi) @ 医学部 [学部学生] 2002年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  17. (英) Mineta Kazuaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《峯田 和明 (Mineta Kazuaki) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2015年4月〜2019年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  18. (英) Kimura Tetsuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《木村 哲也 (Kimura Tetsuya) @ 総合科学部 [学部学生] 2014年4月〜2018年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  19. (英) Nitta Akihiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《新田 晃弘 (Nitta Akihiro) @ 医学部 [学部学生] 2006年4月〜2012年3月》
    《新田 晶大 (Nitta Akihiro) @ 工学部 [学部学生] 2012年4月〜2019年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  20. (英) Higuchi Tadahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《樋口 忠弘 (Higuchi Tadahiro) @ 医学部 [学部学生] 2006年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  21. (英) Hama Shingo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《髙濵 真吾 (Takahama Shingo) @ 工学部 [学部学生] 2012年4月〜2016年3月》
    《濵 紳悟 (Hama Shingo) @ 医学部 [学部学生] 2006年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  22. (英) Subash C. Jha
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  23. (英) Takahashi Rui
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《髙橋 塁 (Takahashi Rui) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2014年4月〜2019年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  24. (英) Fukuta Shoji
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 福田 昇司
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A review of the pathomechanism of forward slippage in pediatric spondylolysis : The Tokushima theory of growth plate slippage

副題 任意
要約 任意

(英) Spondylolysis is a stress fracture of the pars interarticularis, which in some cases progresses to spondylolisthesis (forward slippage of the vertebral body). This slip progression is prevalent in children and occurs very rarely after spinal maturation. The pathomechanism and predilection for children remains controversial despite considerable clinical and basic research into the disorder over the last three decades. Here we review the pathomechanism of spondylolytic spondylolisthesis in children and adolescents, and specifically the Tokushima theory of growth plate slippage developed from our extensive research findings. Clinically, we have observed the slippage site near the growth plate on MRI; then, using fresh cadaveric spines, we found the weakest link against forward shear loading was the growth plate. We subsequently developed an immature rat model showing forward slippage after growth plate injury. Moreover, finite element analysis of the pediatric spine clearly showed increased mechanical stress at the growth plate in the spondylolytic pediatric spine model compared with the intact pediatric spine. Thus, spondylolysis progresses to spondylolisthesis (forward slippage) in children and adolescents with the growth plate as the site of the slippage. Repetitive mechanical loading on to the growth plate may serve to separate the growth plate and subsequently progress to spondylolisthesis.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 62
必須 1,2
必須 11 18
都市 任意
年月日 必須 2015年 1月 23日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.62.11    (→Scopusで検索)
PMID 任意 25817277    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84925865792
機関リポジトリ 111239
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.2152/jmi.62.11

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article