徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Segawa Hiroko/Onitsuka Akemi/Furutani Junya/[金子 一郎]/Aranami Fumito/Matsumoto Natsuki/Tomoe Yuka/Kuwahata Masashi/Ito Mikiko/[松本 満]/Li Minqi/Amizuka Norio/Miyamoto Ken-ichi/Npt2a and Npt2c in mice play distinct and synergistic roles in inorganic phosphate metabolism and skeletal development/[American Journal of Physiology, Renal Physiology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
291148
EOID
876501
Map
0
LastModified
2017年11月29日(水) 17:45:15
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
金子 一郎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Segawa Hiroko
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 瀬川 博子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.応用栄養学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《瀬川 博子 (Segawa Hiroko) @ 栄養学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 1997年4月〜2000年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Onitsuka Akemi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《鬼塚 朱美 (Onitsuka Akemi) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Furutani Junya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《古谷 順也 (Furutani Junya) @ 栄養生命科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2010年9月》
    《古谷 順也 (Furutani Junya) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 金子 一郎([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.応用栄養学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Aranami Fumito
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《荒波 史 (Aranami Fumito) @ 栄養生命科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2010年3月》
    《荒波 史 (Aranami Fumito) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Matsumoto Natsuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《松本 捺希 (Matsumoto Natsuki) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Tomoe Yuka
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 巴 由佳 ([徳島大学.病院.栄養管理室])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《巴 由佳 (Tomoe Yuka) @ 栄養生命科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2009年3月》
    《巴 由佳 (Tomoe Yuka) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2004年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Kuwahata Masashi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 桑波田 雅士
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Ito Mikiko
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 伊藤 美紀子
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Li Minqi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Amizuka Norio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Miyamoto Ken-ichi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 宮本 賢一
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Npt2a and Npt2c in mice play distinct and synergistic roles in inorganic phosphate metabolism and skeletal development

副題 任意
要約 任意

(英) Hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria (HHRH) is a rare autosomal recessively inherited disorder, characterized by hypophosphatemia, short stature, rickets and/or osteomalacia, and secondary absorptive hypercalciuria. HHRH is caused by a defect in the sodium-dependent phosphate transporter (NaPi-IIc/Npt2c/NPT2c), which was thought to have only a minor role in renal phosphate (P(i)) reabsorption in adult mice. In fact, mice that are null for Npt2c (Npt2c(-/-)) show no evidence for renal phosphate wasting when maintained on a diet with a normal phosphate content. To obtain insights and the relative importance of Npt2a and Npt2c, we now studied Npt2a(-/-)Npt2c(+/+), Npt2a(+/-)Npt2c(-/-), and Npt2a(-/-)Npt2c(-/-) double-knockout (DKO). DKO mice exhibited severe hypophosphatemia, hypercalciuria, and rickets. These findings are different from those in Npt2a KO mice that show only a mild phosphate and bone phenotype that improve over time and from the findings in Npt2c KO mice that show no apparent abnormality in the regulation of phosphate homeostasis. Because of the nonredundant roles of Npt2a and Npt2c, DKO animals showed a more pronounced reduction in P(i) transport activity in the brush-border membrane of renal tubular cells than that in the mice with the single-gene ablations. A high-P(i) diet after weaning rescued plasma phosphate levels and the bone phenotype in DKO mice. Our findings thus showed in mice that Npt2a and Npt2c have independent roles in the regulation of plasma P(i) and bone mineralization.

キーワード 推奨
  1. 加齢(aging/->キーワード[老化])
  2. (英) Animals
  3. (英) Bone and Bones
  4. (英) Calcification, Physiologic
  5. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  6. (英) Genotype
  7. ホメオスタシス(homeostasis)
  8. (英) Hypercalciuria
  9. (英) Hypophosphatemic Rickets, X-Linked Dominant
  10. (英) Kidney Calculi
  11. (英) Kidney Tubules
  12. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  13. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  14. (英) Mice, Inbred C57BL
  15. (英) Mice, Knockout
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  16. (英) Microvilli
  17. (英) Phenotype
  18. (英) Phosphates
  19. (英) Phosphorus, Dietary
  20. (英) Sodium-Phosphate Cotransporter Proteins, Type IIa
  21. (英) Sodium-Phosphate Cotransporter Proteins, Type IIc
発行所 推奨
誌名 必須 American Journal of Physiology, Renal Physiology([アメリカ生理学会])
(pISSN: 1931-857X, eISSN: 1522-1466)
ISSN 任意 1522-1466
ISSN: 1931-857X (pISSN: 1931-857X, eISSN: 1522-1466)
Title: American journal of physiology. Renal physiology
Title(ISO): Am J Physiol Renal Physiol
Publisher: American Physiological Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 297
必須 3
必須 F671 678
都市 任意
年月日 必須 2009年 7月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1152/ajprenal.00156.2009    (→Scopusで検索)
PMID 任意 19570882    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000270269900015
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Dept. of Molecular Nutrition Institution of Health Bioscience, The Univ. of Tokushima Graduate School Kuramoto-Cho 3, Tokushima 770-8503, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't