徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐竹 昌之]/前河 洋一/青柳 幸利/姜 煕成/池上 晴夫/走運動及び自転車運動におけるピッチと酸素摂取量の関係/[体育学研究]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
291099
EOID
768727
Map
0
LastModified
2015年3月6日(金) 11:45:30
Operator
佐竹 昌之
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐竹 昌之
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 佐竹 昌之([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Maekawa Yoichi / (日) 前河 洋一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Aoyagi Yukitoshi / (日) 青柳 幸利
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Hi Sung Kang / (日) 姜 煕成
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Ikegami Haruo / (日) 池上 晴夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Relationship between step rate and oxygen uptake during distance running and cycling

(日) 走運動及び自転車運動におけるピッチと酸素摂取量の関係

副題 任意
要約 任意

(英) Some differences in step rate-running economy relationship between male and female runners were reported in our previous paper. The aim of the present study was to verify the possibility of contribution of running form as a cause of the sex difference. Five male and five female runners underwent treadmill running and cycling at a step rate from 150 to 200 per minute with a given step length of 80 or 100 cm in the former and A given load of 0.5 kp in the latter. Measurements of Vo2 and heart-rate were made in a steady state of each bout of exercise. At a lower step rate (below 170 steps/min), no difference in step rate.economy relationship was observed between men and women. The economy dropped with decreasing step rate in running, but not in cycling. At a higter step rate (above 180 steps/min), the same sex difference in step rate-economy relationship was found in both running and cycling. In men, the drop in economy was observed as step rate increased, but in women, no change was found at any step rate. During cycling, there is little change in center of gravity and movements of limbs with changing step rate. With this in mind, the results suggest that the sex difference in step rate-running economy relationship is due to not running form but other factors.

(日) 走運動におけるピッチと走効率の関係にみられる男女差の原因を検討するために,身体重心や下肢の動きがほぼ一定である自転車運動におけるピッチと酸素摂取量の関係を男女で比較検討した.その結果,180歩/分以上のピッチでは,ピッチと酸素摂取量の関係には走運動と同様な男女差がみられ,身体重心の上下動や下肢の動きは走効率に関する男女差の主要原因とは考えられないことが示唆された.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本体育学会
誌名 必須 体育学研究([日本体育学会])
(pISSN: 0484-6710)
ISSN 任意 0484-6710
ISSN: 0484-6710 (pISSN: 0484-6710, eISSN: 1881-7718)
Title: 体育學研究
Supplier: 社団法人日本体育学会
Publisher: "Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences"
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 32
必須 2
必須 91 97
都市 任意
年月日 必須 1987年 9月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110001918568
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意