徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Tanabe Kazuhito/Harada Hiroshi/Narazaki Michiko/Tanaka Kazuo/Inafuku Kenichi/Komatsu Hirokazu/Ito Takeo/[山田 久嗣]/Chujo Yoshiki/Matsuda Tetsuya/Hiraoka Masahiro/Nishimoto Sei-ichi/Monitoring of biological one-electron reduction by (19)F NMR using hypoxia selective activation of an (19)F-labeled indolequinone derivative./[Journal of the American Chemical Society]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
291047
EOID
768101
Map
0
LastModified
2015年3月3日(火) 21:23:32
Operator
山田 久嗣
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
山田 久嗣
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Tanabe Kazuhito
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Harada Hiroshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Narazaki Michiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Tanaka Kazuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Inafuku Kenichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Komatsu Hirokazu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《小松 広和 (Komatsu Hirokazu) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Ito Takeo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 山田 久嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Chujo Yoshiki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Matsuda Tetsuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Hiraoka Masahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Nishimoto Sei-ichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Monitoring of biological one-electron reduction by (19)F NMR using hypoxia selective activation of an (19)F-labeled indolequinone derivative.

副題 任意
要約 任意

(英) Biological reduction of fluorine-labeled indolequinone derivative (IQ-F) was characterized by (19)F NMR for quantitative molecular understanding. The chemical shift change in (19)F NMR allowed monitoring of the enzymatic reduction of IQ-F. Upon hypoxic treatment of IQ-F with NADPH:cytochrome P450 reductase, IQ-F was activated via catalytic one-electron reduction to release nonafluoro-tert-butyl alcohol (F-OH), while the formation of F-OH was significantly suppressed under aerobic conditions. Similar hypoxia-selective reduction of IQ-F occurred within A549 cells, which expresses NADPH:cytochrome P450 reductase. The kinetic analysis was also performed to propose a reaction mechanism. The molecular oxygen slightly prevents the binding of IQ-F to reductase, while the rate of net reaction was decreased due to oxidation of a semiquinone anion radical intermediate generated by one-electron reduction of IQ-F. The disappearance of IQ-F and appearance of F-OH were imaged by (19)F fast spin echo, thus visualizing the hypoxia-selective reduction of IQ-F by means of MR imaging.

キーワード 推奨
  1. (英) Anoxia
  2. (英) Cell Line
  3. (英) Fluorine Radioisotopes
  4. (英) Humans
  5. (英) Indolequinones
  6. (英) Magnetic Resonance Spectroscopy
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 核磁気共鳴分光法 (nuclear magnetic resonance spectroscopy)
  7. (英) Oxidation-Reduction
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 酸化と還元 (oxidation and reduction)
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of the American Chemical Society([アメリカ化学会])
(pISSN: 0002-7863, eISSN: 1520-5126)
ISSN 任意 1520-5126
ISSN: 0002-7863 (pISSN: 0002-7863, eISSN: 1520-5126)
Title: Journal of the American Chemical Society
Title(ISO): J. Am. Chem. Soc.
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 131
必須 44
必須 15982 15983
都市 任意
年月日 必須 2009年 11月 11日
URL 任意
DOI 任意 10.1021/ja904953b    (→Scopusで検索)
PMID 任意 19842623    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article

  2. (英) PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't