徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [川合 暢彦]/[平坂 勝也]/Maeda Tasuku/Haruna Marie/[塩田 智子]/Ochi Arisa/[安倍 知紀]/Kohno Shohei/Ohno Ayako/Teshima-Kondo Sigetada/[森 博世]/[田中 栄二]/[二川 健]/Prevention of skeletal muscle atrophy in vitro using anti-ubiquitination oligopeptide carried by atelocollagen./[Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
290681
EOID
805696
Map
0
LastModified
2016年1月21日(木) 11:34:33
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  2. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.生体システム栄養科学部門.栄養医科学講座.生体栄養学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  3. 徳島大学.病院.診療科.矯正歯科(2003年10月1日〜)
  4. 徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 川合 暢彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 平坂 勝也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Maeda Tasuku
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Haruna Marie
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 塩田 智子([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Ochi Arisa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 安倍 知紀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Kohno Shohei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Ohno Ayako
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Teshima-Kondo Sigetada
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 森 博世
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 二川 健([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.生体栄養学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Prevention of skeletal muscle atrophy in vitro using anti-ubiquitination oligopeptide carried by atelocollagen.

副題 任意
要約 任意

(英) Skeletal muscle atrophy occurs when the rate of protein degradation exceeds that of protein synthesis in various catabolic conditions, such as fasting, disuse, aging, and chronic diseases. Insulin-like growth factor-1 (IGF-1) signaling stimulates muscle growth and suppresses muscle protein breakdown. In atrophied muscles, ubiquitin ligase, Cbl-b, increases and stimulates the ubiquitination and degradation of IRS-1, an intermediate in IGF-1 signaling pathway, resulting in IGF-1 resistance. In this study, we evaluated the efficacy of atelocollagen (ATCOL)-transported anti-ubiquitination oligopeptide (Cblin: Cbl-b inhibitor) (consisting of tyrosine phosphorylation domain of IRS-1) in starved C2C12 myotubes. The amount of IRS-1 protein was lower in starved versus unstarved myotubes. The Cblin-ATCOL complex inhibited IRS-1 degradation in a concentration-dependent manner. Myotubes incubated with Cblin-ATCOL complex showed significant resistance to starvation-induced atrophy (p<0.01). Furthermore, the Cblin-ATCOL complex significantly inhibited any decrease in Akt phosphorylation (p<0.01) and localization of FOXO3a to the nucleus in starved myotubes. These results suggest that Cblin prevented starvation-induced C2C12 myotube atrophy by maintaining the IGF-1/Akt/FOXO signaling. Therefore, attachment of anti-ubiquitination oligopeptide, Cblin, to ATCOL enhances its delivery to myotubes and could be a potentially effective strategy in the treatment of atrophic myopathies.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research([Elsevier Science])
(pISSN: 0167-4889)
ISSN 任意 0167-4889
ISSN: 0167-4889 (pISSN: 0167-4889, eISSN: 1879-2596)
Title: Biochimica et biophysica acta. Molecular cell research
Title(ISO): Biochim Biophys Acta Mol Cell Res
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 1853
必須 5
必須 873 880
都市 任意
年月日 必須 2015年 2月 7日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.bbamcr.2015.01.024    (→Scopusで検索)
PMID 任意 25667084    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000353176700001
Scopus 任意 2-s2.0-84923091632
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: JOURNAL ARTICLE