徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [金井 純子]/[照本 清峰]/[中野 晋]/地方自治体職員の被災者生活支援業務に関する意識分析からみたBCP策定の課題/[土木学会論文集F6(安全問題)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
289908
EOID
798578
Map
0
LastModified
2015年9月16日(水) 14:14:16
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中野 晋
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.環境防災研究センター(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 金井 純子([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 照本 清峰
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 中野 晋([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) An analysis on local government officials' perception of disaster emergency operations plan

(日) 地方自治体職員の被災者生活支援業務に関する意識分析からみたBCP策定の課題

副題 任意
要約 任意

(英) The role of local government officials in emergency period after disaster occurred is exceedingly important. It is necessary for effect responses to prepare the emergency operations plan before disaster occurred. This study examines perceptions of local government officials related to business continuity plan. The research area is Naruto City in Tokushima Prefecture. The questionnaire survey was conducted to Naruto City local government officials. Question items are perceptions of emergency response issues and important operation contents associated with Nankai Trough Earthquake. In the analyses, each item was aggregated and their structures were pictured based on pass analysis. The results shows that local government officials recognized importance of resources related to life in emergency period and living materials for the support service. Another results indicate that perceptions of emergency response issues and important operation contents are mostly related, on the other hand a little part are not found relevant.

(日) 東日本大震災では,障害者や要介護者の避難生活は困難を極めた.本論文は,地方自治体がBCPを策定する上で,保健福祉に関する災害対応業務をどのように位置づけて計画すべきかを検証することを目的とする.調査は,鳴門市の自治体職員468名を対象に,南海トラフ巨大地震を想定した場合の被災者生活支援業務について,業務を開始すべき時期と業務への関わり認識度を問う意識調査を実施した.その結果,保健福祉業務の開始時期に対する意識が3日以内に集中する傾向や,部署毎で業務への関わり意識に相違があることがわかった.これらの傾向を踏まえ,BCPの中に保健福祉業務をしっかり位置づける必要がある.

キーワード 推奨
  1. (英) local government officials
  2. (英) emergency operation
  3. (英) business continuity plan
発行所 推奨 社団法人 土木學會
誌名 必須 土木学会論文集F6(安全問題)([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)
ISSN 任意 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 70
必須 2
必須 I_7 I_14
都市 任意
年月日 必須 2015年 2月 10日
URL 任意 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejsp/70/2/70_I_7/_pdf
DOI 任意 10.2208/jscejsp.70.I_7    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130004962351
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意