徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 中本 真理子/[酒井 徹]/[首藤 恵泉]/安藝 菜奈子/[小杉 知里]/[秦 明子]/[篠田 香織]/[桑村 由美]/[南川 貴子]/[市原 多香子]/[田村 綾子]/[船木 真理]/勤労者の夕食終了から就寝時間までの間隔と健康状態との関係/[日本栄養・食糧学会誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
288736
EOID
817279
Map
0
LastModified
2016年4月21日(木) 17:38:40
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
秦 明子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 中本 真理子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 酒井 徹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.実践栄養学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 首藤 恵泉([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端栄養学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.実践栄養学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 安藝 菜奈子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 小杉 知里
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 秦 明子([徳島大学.病院.中央診療施設等.糖尿病対策センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 篠田 香織
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 桑村 由美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 南川 貴子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 市原 多香子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 田村 綾子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 船木 真理([徳島大学.病院.中央診療施設等.糖尿病対策センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Period between Dinner and Bedtime Is Related to Hypertension

(日) 勤労者の夕食終了から就寝時間までの間隔と健康状態との関係

副題 任意
要約 任意

(英) The aim of this study was to examine the association between the period between dinner and bedtime, and various adult lifestyle-related diseases in the workplace. We analyzed 470 men and 252 women aged 20-65 years who had been enrolled in baseline surveys conducted for the Tokushima Diabetes Cohort Study in a workplace setting in Tokushima prefecture. Multiple logistic regression models were used for analyzing the association of the time between dinner and bedtime and the prevalence rates of adult lifestyle-related diseases. The period between dinner and bedtime tended to show an inverse dose-response relationship with hypertension (p for trend = 0.04) after adjustment for age, sex and other potential confounders. The group with the longest period between dinner and bedtime had an adjusted odds ratio of 0.38 (95% confidence interval 0.17-0.82) compared to the reference group (first quartile group) . Additionally, the period between dinner and bedtime showed an inverse dose-response relationship with hypertension for subjects who ate dinner after 21:00 (p for trend = 0.02) . These results indicate that the period between dinner and bedtime is inversely associated with the prevalence of hypertension.

(日) 近年, 生活習慣病や精神疾患などを抱える勤労者が増加している.一方, 朝食欠食, 過食, 身体活動の不足, 短時間睡眠など, 生活習慣の乱れが疾病の発症に関連することが報告されている.我々は, 徳島県勤労者において, 夕食終了から就寝までの間隔と生活習慣病の有病状況との関係について横断研究を行った.20歳以上の勤労者735名を対象に, 食物摂取頻度調査, 生活に関する質問票調査, 採血, 身体計測を実施した.夕食終了から就寝までの間隔が2時間未満の対象者を対照群とし, ロジスティック回帰分析を用いて解析を行った.高血圧に関して, 対照群に比し3-4時間, 4時間以上の群で, 有意に調整オッズ比が低下した.さらに21時以降の食事摂取者で, 高血圧の調整オッズ比は3-4時間空ける群で有意に低下し, 量反応性の関係が認められた.これらのことより, 夕食終了から就寝までの間隔を空けることが, 高血圧の予防につながる可能性が示唆された.

キーワード 推奨
  1. (英) hypertension / (日) 高血圧
  2. (英) lifestyle / (日) 生活スタイル
  3. (英) cross-sectional study / (日) 横断研究
  4. (英) work site population / (日) 労働者
発行所 推奨 (英) Japan Society of Nutrition and Food Science / (日) 公益社団法人 日本栄養・食糧学会
誌名 必須 日本栄養・食糧学会誌([日本栄養·食糧学会])
(pISSN: 0287-3516, eISSN: 1883-2849)
ISSN 任意 0287-3516
ISSN: 0287-3516 (pISSN: 0287-3516, eISSN: 1883-2849)
Title: 日本栄養・食糧学会誌
Supplier: 公益社団法人 日本栄養・食糧学会
Publisher: Japanese Society of Nutrition and Food Science
 (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 66
必須 4
必須 185 193
都市 任意
年月日 必須 2013年 8月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130003371141/
DOI 任意 10.4327/jsnfs.66.185    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130003371141
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意