徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 大黒 将幸/[カルンガル スティフィン]/[寺田 賢治]/監視カメラを用いた不審物の自動検知/Proceedings of the International conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration(SICE Annual Conference 2013)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
288182
EOID
895664
Map
0
LastModified
2018年3月30日(金) 10:54:28
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
寺田 賢治
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 修士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Daikoku Masayuki / (日) 大黒 将幸 / (読) だいこく まさゆき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. カルンガル スティフィン([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 寺田 賢治([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意

    (日) 方式の考案,アルゴリズムの構築,実験,論文執筆指導

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Automatic Detection of Suspicious Objects Using Surveillance Cameras

(日) 監視カメラを用いた不審物の自動検知

副題 任意
要約 任意

(英) Suspicious objects must be detected at important sensitive institutions like airports, train stations, sports arenas, etc. In this paper, we propose a method for automatic detection of suspicious object using a surveillance camera. Person and object areas are extracted using the current frame, previous frame and background. Suspicious object is detected using Histograms of Oriented Gradients (HOG) feature detection method. These features are then learned using the AdaBoost algorithm. Using data collected in our laboratory the system achieved an average accuracy of 85% for 3 types of objects while operating in real time.

(日) 本稿では,監視カメラを用いた不審物の自動検知手法を提案する.本手法は空港やロビーなどの公共空間での適用を想定し,そこに設置された監視カメラから得られる映像を用いて,不審者と不審な物体を同時に検知することを目的とするが,ここでは,HoG特徴により検出される不審者と不審物体の候補の中から,AdaBoostにより不審者と不審物体を特定するものである.さらに本手法の有効性を検証する実験を行なったところ,85%以上の精度で検出できることがわかった.

キーワード 推奨
  1. コンピュータビジョン(computer vision)
  2. 画像処理(image processing)
  3. (日) 知的システム
  4. 信号処理(signal processing)
発行所 推奨 計測自動制御学会
誌名 必須 (英) Proceedings of the International conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration(SICE Annual Conference 2013)
ISSN 任意
必須 ---
必須 MoAT3.6
必須 ---
都市 必須 名古屋(Nagoya/[日本国])
年月日 必須 2013年 9月 16日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意