徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Tang, Yiming/[任 福継]/普遍的な3つのI手法とそれらの応答関数に基づくファジィシステム/[International Journal of Information Technology & Decision Making]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
287593
EOID
919144
Map
0
LastModified
2018年8月13日(月) 09:33:20
Operator
任 福継
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
任 福継
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 大学院ソシオテクノサイエンス研究部(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Tang, Yiming
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意

    (日) 共著者として研究総括をおこなった.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Fuzzy Systems Based on Universal Triple I Method and Their Response Functions

(日) 普遍的な3つのI手法とそれらの応答関数に基づくファジィシステム

副題 任意
要約 任意

(英) The fuzzy systems based on the universal triple I method are investigated, and then theirresponse functions are analyzed. First, the conclusions show that 100 fuzzy systems via theuniversal triple I method are approximately interpolation functions, which can be used inpractical systems, and that 90 ones are approximately ¯tted functions, which may be usable.Second, as its special cases, the Compositional Rule of Inference (CRI) method and the triple Imethod are discussed, with the results that 19 fuzzy systems via the CRI method and 2 ones viathe triple I method are practicable. Therefore, the universal triple I method has larger e®ectivechoosing space, which can obtain more usable fuzzy systems than the others. Lastly, it is foundthat the ¯rst implication and second implication, respectively, embody the function of rule baseand reasoning mechanism, further demonstrating the reasonability of the universal triple Imethod.

(日) 普遍的な3つのI手法に基づくファジィシステムは調査され,それらの応答関数は分析された.まず,100の3つのI手法を介したファジィシステムは,実際のシステムにおいて用いることができる挿入関数,そして,90は,使うことができると結論付ける.つぎに,特別な場合として,合成された推論ルールと3つのI手法が議論され,CRI手法を介した19のファジィシステムと2つの3つのI手法が実践可能である.

キーワード 推奨
発行所 推奨 World Scientific
誌名 必須 International Journal of Information Technology & Decision Making([World Scientific])
(pISSN: 0219-6220, eISSN: 1793-6845)
ISSN 任意 0219-6220
ISSN: 0219-6220 (pISSN: 0219-6220, eISSN: 1793-6845)
Title: International journal of information technology & decision making
Title(ISO): Int J Inf Technol Decis Mak
Publisher: World Scientific Publishing Co
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 16
必須 2
必須 443 471
都市 任意
年月日 必須 2017年 3月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1142/S0219622014500746    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意