徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [毛利 安宏]/[西嶋 仁]/Kawano Hiroshi/[廣田 史子]/Sakaguchi Nobuo/[森本 純子]/[松本 満]/NF-κB-Inducing Kinase in Thymic Stroma Establishes Central Tolerance by Orchestrating Cross-Talk with Not Only Thymocytes but Also Dendritic Cells./[The Journal of Immunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
287057
EOID
759385
Map
0
LastModified
2014年12月2日(火) 15:01:09
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 満
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 毛利 安宏([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 西嶋 仁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kawano Hiroshi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 河野 弘 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域リウマチ・総合内科学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《河野 弘 (Kawano Hiroshi) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2009年4月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 廣田 史子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Sakaguchi Nobuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 森本 純子([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) NF-κB-Inducing Kinase in Thymic Stroma Establishes Central Tolerance by Orchestrating Cross-Talk with Not Only Thymocytes but Also Dendritic Cells.

副題 任意
要約 任意

(英) Essential roles of NF-κB-inducing kinase (NIK) for the development of medullary thymic epithelial cells (mTECs) and regulatory T cells have been highlighted by studies using a strain of mouse bearing a natural mutation of the NIK gene (aly mice). However, the exact mechanisms underlying the defect in thymic cross-talk leading to the breakdown of self-tolerance in aly mice remain elusive. In this study, we demonstrated that production of regulatory T cells and the final maturation process of positively selected conventional αβ T cells are impaired in aly mice, partly because of a lack of mature mTECs. Of note, numbers of thymic dendritic cells and their expression of costimulatory molecules were also affected in aly mice in a thymic stroma-dependent manner. The results suggest a pivotal role of NIK in the thymic stroma in establishing self-tolerance by orchestrating cross-talk between mTECs and dendritic cells as well as thymocytes. In addition, we showed that negative selection was impaired in aly mice as a result of the stromal defect, which accounts for the development of organ-specific autoimmunity through a lack of normal NIK.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Immunology([The American Association of Immunologists])
(pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
ISSN 任意 1550-6606
ISSN: 0022-1767 (pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
Title: Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)
Title(ISO): J Immunol
Publisher: American Association of Immunologists
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 193
必須 9
必須 4356 4367
都市 任意
年月日 必須 2014年 10月 15日
URL 任意
DOI 任意 10.4049/jimmunol.1400389    (→Scopusで検索)
PMID 任意 25261487    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.4049/jimmunol.1400389

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article