徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [堤 保夫]/[堤 理恵]/Horikawa T. Yousuke/[酒井 陽子]/Hamaguchi Eisuke/[北畑 洋]/Kasai Asuka/Kambe Noriko/[田中 克哉]/Geranylgeranylacetone and volatile anesthetic-induced cardiac protection synergism is dependent on caveolae and caveolin-3./[Journal of Anesthesia]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
286240
EOID
788048
Map
0
LastModified
2015年8月17日(月) 11:48:38
Operator
北畑 洋
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
堤 理恵
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 堤 保夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 堤 理恵([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.代謝栄養学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Horikawa T. Yousuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 酒井 陽子([徳島大学.病院.中央診療施設等.麻酔科診療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Hamaguchi Eisuke
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 濵口 英佑
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《濵口 英佑 (Hamaguchi Eisuke) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2012年4月〜2016年3月》
    《濱口 啓輔 (Hamaguchi Keisuke) @ 工学部 [学部学生] 2013年4月〜2017年3月》
    《濱口 英佑 (Hamaguchi Eisuke) @ 医学部 [学部学生] 2001年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. 北畑 洋([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科麻酔科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Kasai Asuka
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 笠井 飛鳥 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.手術部])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《笠井 飛鳥 (Kasai Asuka) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2015年4月〜》
    《笠井 明日香 (Kasai Asuka) @ 総合科学部 [学部学生] 2013年4月〜2017年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Kambe Noriko
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 神邊 紀子
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 田中 克哉([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.麻酔・疼痛治療医学]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Geranylgeranylacetone and volatile anesthetic-induced cardiac protection synergism is dependent on caveolae and caveolin-3.

副題 任意
要約 任意

(英) Pharmacological preconditioning, including that with geranylgeranylacetone (GGA) and volatile anesthetics, has been shown to confer cardiac protection from ischemia/reperfusion injury although the mechanisms for this protection are poorly understood. Caveolins, integral membrane proteins that act as scaffolding proteins in caveolar membranes, localize molecules involved in cardiac protection. We have tested the hypothesis that caveolin-3 (Cav-3), the predominant isoform in cardiac myocytes, is essential for the synergistic effect observed between GGA and volatile anesthetics. Mice were randomly assigned to receive GGA, isoflurane [0.5 and 1.0 minimum alveolar concentration (MAC)], or GGA + isoflurane (0.5 MAC). An in vivo mouse model of ischemia/reperfusion injury was tested in wild-type and Cav-3 knockout mice, and the infarct size was determined. Biochemical assays were also performed in excised hearts. Geranylgeranylacetone and therapeutic isoflurane (1.0 MAC) independently reduced infarct size (31.6 ± 6.1 and 28.0 ± 5.0 % of the area at risk, respectively; n = 10) as compared to the controls (45.8 ± 9.4 %; n = 10). The combination GGA + sub-therapeutic isoflurane (0.5 MAC) further decreased the infarct size to 19.3 ± 5.1 % (n = 10). Preconditioning [GGA, isoflurane (1.0 MAC), and GGA + isoflurane] increased the amount of Cav-3 protein in the discontinuous sucrose-gradient buoyant fractions. Additionally, cardiac protection was not observed in Cav-3 knockout mice following the administration of GGA, isoflurane, and GGA + isoflurane. Combined administration of GGA + isoflurane had a synergistic effect, enhancing the protection against myocardial infarction to a greater extent than either drug alone. This beneficial effect is mediated by Cav-3 expression.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Anesthesia([社団法人 日本麻酔科学会])
(pISSN: 0913-8668, eISSN: 1438-8359)
ISSN 任意 1438-8359
ISSN: 0913-8668 (pISSN: 0913-8668, eISSN: 1438-8359)
Title: Journal of anesthesia
Title(ISO): J Anesth
Supplier: Springer Online Journal Archive
Publisher: Springer Japan
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 28
必須 5
必須 733 739
都市 任意
年月日 必須 2014年 10月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s00540-014-1816-8    (→Scopusで検索)
PMID 任意 24633659    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: JOURNAL ARTICLE