徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: ABD HALIM Mohd Amal/KASIM Mohd Shahir/SULAIMAN Mohd Amri/MOHAMAD Effendi/[伊藤 照明]/Effect Cutting Parameters on Surface Roughness during End Milling of AISI D2 Tool Steel/日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
286122
EOID
757346
Map
0
LastModified
2014年11月25日(火) 08:10:38
Operator
伊藤 照明
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
伊藤 照明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. Universiti Teknikal Malaysia Melaka
  2. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) ABD HALIM Mohd Amal
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) KASIM Mohd Shahir
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) SULAIMAN Mohd Amri
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) MOHAMAD Effendi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 伊藤 照明
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effect Cutting Parameters on Surface Roughness during End Milling of AISI D2 Tool Steel

副題 任意
要約 任意

(英) This paper study the effect of three different numerical cutting parameters on surface roughness using during high speed machining. This experiment was carried out to investigate the effect machining parameters of AISI D2 tool steel using an insert end mill. The experiment work plan was carried out using Box-Behken techniques, a part of response surface methodology (RSM) approach. The effect of variable milling cutting parameters were studied to evaluate their effects on surface roughness. In this study, the cutting speed, feed rate, depth of cut and width of cut were in the range of 100-200 m/min, 0.1-0.3 mm/tooth, 0.2mm and 2.0-8.0 mm respectively. The effect of input factors that on the responds were identified by using mean of ANOVA. The responds of surface roughness then simultaneously optimized. The validation of the test reveals the model accuracy 9%.

(日) 本論文では,高速加工時に使用して表面粗さの3つの異なる数値の切削パラメータの効果を研究.この実験は,インサートエンドミルを使用したAISI D2工具鋼の効果加工パラメータを調査するために実施した.実験作業計画は,ボックス - Behken技術,応答曲面法(RSM)アプローチの一部を用いて行った.可変フライス切削条件の効果は表面粗さに及ぼす影響を評価するために研究した.この研究では,切削速度,送り速度では,カットとカットの幅は深さ100∼20050m /分0.1∼0.3 MM /歯,0.2ミリメートル,それぞれ2.0∼8.0ミリメートルの範囲であった.入力の効果は,応答にANOVAの平均値を用いることによって同定されたことを要因.表面粗さの応答は,その後同時に最適化.テストの検証は,モデル精度9%であることを示した.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本機械学会
誌名 必須 (日) 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集
ISSN 任意
必須
必須
必須 2308 2308
都市 必須 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2014年 9月 18日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意