徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: MOHAMAD Effendi/AB RASID Siti NurFatihah/[伊藤 照明]/MD ALI Mohd Amran/SULAIMAN Mohd Amri/AZAM Mohd Asyadi/SAPTARI Adi/An initiative to implement lean manufacturing using value stream mapping in textile manufacturing company/日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
286120
EOID
757348
Map
0
LastModified
2014年11月25日(火) 08:11:14
Operator
伊藤 照明
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
伊藤 照明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. Universiti Teknikal Malaysia Melaka
  2. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) MOHAMAD Effendi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) AB RASID Siti NurFatihah
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 伊藤 照明
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) MD ALI Mohd Amran
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) SULAIMAN Mohd Amri
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) AZAM Mohd Asyadi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) SAPTARI Adi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) An initiative to implement lean manufacturing using value stream mapping in textile manufacturing company

副題 任意
要約 任意

(英) This paper presents collaboration between a textile manufacturing company in Malaysia and Universiti Teknikal Malaysia Melaka. In this Company-University Collaboration (CUC), an engineering student was assigned with a task to implement value stream mapping (VSM) to support the implementation of Lean Manufacturing (LM) tool in the company. The task is targeted to be completed in six to nine months. In this paper, the development of current and future state map of the company is described. Identification of waste based on current state map is shown and improvement via future state map is elaborated. As a conclusion, the collaboration is proven to be feasible in supporting VSM implementation in the textile manufacturing company.

(日) 本稿では,マレーシア科学大学とTeknikalマレーシアマラッカの織物製造会社間のコラボレーションを提示します.この企業産学連携(CUC)では,工学の学生は,企業におけるリーン生産方式(LM)ツールの実装をサポートするために,バリューストリームマッピング(VSM)を実装するためにタスクに割り当てられた.タスクは,6∼9カ月で完了することを目標とされている.本論文では,会社の現在および将来の状態マップの開発が記載されている.現在の状態マップに基づいて,廃棄物の識別が示されており,将来の状態マップを介して改善が詳述されている.結論として,コラボレーションは,織物製造会社でのVSMの実装を支援する上で実現可能であることが証明されている.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本機械学会
誌名 必須 (日) 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集
ISSN 任意
必須
必須
必須 2409 2409
都市 必須 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2014年 9月 18日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意