徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [松井 尚子]/[大東 いずみ]/Tanaka Keijirou/Sakata Mie/Furukawa Takahiro/[中川 靖士]/[近藤 和也]/[北川 哲也]/Yamashita Sumimasa/Nomura Yoshiko/[高浜 洋介]/[梶 龍兒]/Increased number of Hassall's corpuscles in myasthenia gravis patients with thymic hyperplasia./[Journal of Neuroimmunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
285940
EOID
806240
Map
0
LastModified
2016年2月1日(月) 13:35:22
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
高浜 洋介
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 松井 尚子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.社会医学系.医療教育学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 大東 いずみ([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Tanaka Keijirou
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Sakata Mie
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Furukawa Takahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 中川 靖士
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 近藤 和也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.臨床腫瘍医療学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 北川 哲也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Yamashita Sumimasa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Nomura Yoshiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 高浜 洋介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 梶 龍兒
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Increased number of Hassall's corpuscles in myasthenia gravis patients with thymic hyperplasia.

副題 任意
要約 任意

(英) The thymus is implicated as an organ that contributes to autoimmunity in myasthenia gravis (MG) patients. Hassall's corpuscles (HCs) are assumed to represent the terminally differentiated stage of medullary thymic epithelial cells (mTECs). By using multicolor immunohistofluorescence analysis, we examined HCs in thymuses that were therapeutically excised from MG (+) and MG (-) patients. We found that the number of HCs per unit area of the thymic medulla was significantly elevated in the thymuses of MG (+) patients with thymic hyperplasia. CCL21 expression increased in the hyperplastic MG thymuses. We speculate that the altered differentiation of mTECs is associated with the thymic hyperplasia and the onset of MG.

キーワード 推奨
  1. (英) Adult
  2. (英) Aged
  3. (英) Cell Count
  4. (英) Cell Differentiation
  5. (英) Chemokine CCL21
  6. (英) Epithelial Cells
  7. (英) Female
  8. (英) Humans
  9. (英) Infant
  10. (英) Male
  11. (英) Middle Aged
  12. (英) Myasthenia Gravis
  13. (英) Thymus Hyperplasia
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Neuroimmunology(International Society for Neuroimmunology)
(pISSN: 0165-5728, eISSN: 1872-8421)
ISSN 任意 1872-8421
ISSN: 0165-5728 (pISSN: 0165-5728, eISSN: 1872-8421)
Title: Journal of neuroimmunology
Title(ISO): J Neuroimmunol
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 269
必須 1-2
必須 56 61
都市 任意
年月日 必須 2014年 1月 28日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.jneuroim.2014.01.011    (→Scopusで検索)
PMID 任意 24556356    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000335428000008
Scopus 任意 2-s2.0-84896393117
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article

  2. (英) PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't