徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Higashi Kosuke/Hazama Shoichi/Araki Atsuhiro/Yoshimura Kiyoshi/Iizuka Norio/Yoshino Shigefumi/[野間 隆文]/Oka Masaaki/A novel cancer vaccine strategy with combined IL-18 and HSV-TK gene therapy driven by the hTERT promoter in a murine colorectal cancer model./[International Journal of Oncology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
285497
EOID
749256
Map
0
LastModified
2014年9月29日(月) 15:23:38
Operator
野間 隆文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
野間 隆文
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Higashi Kosuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Hazama Shoichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Araki Atsuhiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Yoshimura Kiyoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Iizuka Norio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Yoshino Shigefumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 野間 隆文([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子医化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Oka Masaaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《玉岡 雅章 (Tamaoka Masaaki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2015年3月》
    《岡本 昌晃 (Okamoto Masaaki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《玉岡 雅章 (Tamaoka Masaaki) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《田岡 昌朗 (Taoka Masaaki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2012年3月》
    《岡本 昌晃 (Okamoto Masaaki) @ 工学部 [学部学生] 2007年4月〜2011年3月》
    《田岡 昌朗 (Taoka Masaaki) @ 工学部 [学部学生] 2007年4月〜2011年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
題名 必須

(英) A novel cancer vaccine strategy with combined IL-18 and HSV-TK gene therapy driven by the hTERT promoter in a murine colorectal cancer model.

副題 任意
要約 任意

(日) A therapeutic vaccine against minimal residual cancer cells is needed for the treatment of patients with colorectal cancer. Several gene therapy studies have revealed that the combination of a suicide gene and cytokine gene might induce effective antitumor immunity. In this study, we constructed an interleukin (IL)-18 and herpes simplex virus-thymidine kinase (HSV-TK) expression vector driven by the human telomerase reverse transcriptase (hTERT) promoter to study the efficacy of combination gene therapy with IL-18 and the HSV-TK suicide gene. Low immunogenic colon 26 cells were used for transfection and inoculation into syngeneic BALB/c mice. Large established tumors of colon 26 transfectants expressing IL-18 and HSV-TK driven by the hTERT promoter were completely eradicated after GCV administration in syngeneic BALB/c mice. Immunohistochemical analysis at the tumor rejection sites revealed enormous infiltrations of CD8+ T lymphocytes as well as CD4+ T lymphocytes and CD11b+ monocytes. Moreover, established distant tumors were completely eradicated by vaccination with the IL-18 and HSV-TK transfectants in combination with GCV. These data suggest that the IL-18 and suicide gene therapy can elicit antitumor specific immunity. In conclusion, gene therapy with IL-18 and HSV-TK plasmid vector driven by the hTERT promoter may be useful for cancer vaccination.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 International Journal of Oncology(International Center for Cancer Research)
(pISSN: 1019-6439, eISSN: 1791-2423)
ISSN 任意 1791-2423
ISSN: 1019-6439 (pISSN: 1019-6439, eISSN: 1791-2423)
Title: International journal of oncology
Title(ISO): Int. J. Oncol.
Publisher: Spandidos Publications
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 45
必須 4
必須 1412 1420
都市 任意
年月日 必須 2014年 7月 22日
URL 任意
DOI 任意 10.3892/ijo.2014.2557    (→Scopusで検索)
PMID 任意 25051201    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article