徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [大橋 眞]/[齊藤 隆仁]/Peer learningを主体としたサマースクールプログラム/[大学教育研究ジャーナル]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
284229
EOID
1040959
Map
0
LastModified
2022年5月5日(木) 21:02:01
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
齊藤 隆仁
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 教育
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 大橋 眞
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 齊藤 隆仁([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A Summer school program based on peer learning

(日) Peer learningを主体としたサマースクールプログラム

副題 任意
要約 任意

(日) 多くの大学において,夏休みを利用して海外の大学生が短期間訪問するプログラム(サマースク ールなど)を実施するようになってきた.多くのプログラムでは,留学生に対して,授業を提供するこ とが主であるが,日本の大学生と同じ授業を受講させたり,交流イベントなどを取り入れることにより, 日本人学生との交流の機会を図っていることが多い.それに対して,今回のサマースクールは,授業も 課外活動も留学生と日本人学生の交流を中心としたプログラムという特色がある.Peer learningは,学 習者同士が同じ立場に立って,お互いに学び合うことを基本としている.2 人から数人でのグループ学 習や,テーマを決めて議論をすることなど,留学生と日本人学生が共に発信することが重要になってく る.また,このような共に学び合うという行為を通じて,お互いが親密になれるという長所もある.こ の経験により,海外留学に対するモチベーションを高める効果も期待できる.本稿では,今回のサマー スクールの概要と,その効果について検証する.

キーワード 推奨
  1. (日) サマースクール
  2. (英) Peer learning
  3. (日) 学生交流
  4. (日) 海外留学
発行所 推奨 徳島大学
誌名 必須 大学教育研究ジャーナル([徳島大学])
(pISSN: 1881-1256)
ISSN 任意 1881-1256
必須 10
必須 10
必須 31 38
都市 任意
年月日 必須 2013年 3月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110009574424/
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050282812441574528
NAID 110009574424
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 105982
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意