徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [近久 幸子]/Shimizu Noriyuki/[志内 哲也]/[勢井 宏義]/Ketone body metabolism and sleep homeostasis in mice./[Neuropharmacology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
284156
EOID
782089
Map
0
LastModified
2015年6月26日(金) 15:34:52
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近久 幸子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 近久 幸子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Shimizu Noriyuki
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 清水 紀之
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《清水 紀之 (Shimizu Noriyuki) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2009年4月〜2014年3月》
    《清水 紀之 (Shimizu Noriyuki) @ 医科学教育部.修士課程 [大学院学生] 2005年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. 志内 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Ketone body metabolism and sleep homeostasis in mice.

副題 任意
要約 任意

(英) A link has been established between energy metabolism and sleep homeostasis. The ketone bodies acetoacetate and -hydroxybutyrate, generated from the breakdown of fatty acids, are major metabolic fuels for the brain under conditions of low glucose availability. Ketogenesis is modulated by the activity of peroxisome proliferator-activated receptor alpha (PPAR), and treatment with a PPAR activator has been shown to induce a marked increase in plasma acetoacetate and decreased -hydroxybutyrate in mice, accompanied by increased slow-wave activity during non-rapid eye movement (NREM) sleep. The present study investigated the role of ketone bodies in sleep regulation. Six-hour sleep deprivation increased plasma ketone bodies and their ratio (acetoacetate/-hydroxybutyrate) in 10-week-old male mice. Moreover, sleep deprivation increased mRNA expression of ketogenic genes such as PPAR and 3-hydroxy-3-methylglutarate-CoA synthase 2 in the brain and decreased ketolytic enzymes such as succinyl-CoA: 3-oxoacid CoA transferase. In addition, central injection of acetoacetate, but not -hydroxybutyrate, markedly increased slow-wave activity during NREM sleep and suppressed glutamate release. Central metabolism of ketone bodies, especially acetoacetate, appears to play a role in the regulation of sleep homeostasis.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Neuropharmacology([Pergamon Press])
(pISSN: 0028-3908, eISSN: 1873-7064)
ISSN 任意 1873-7064
ISSN: 0028-3908 (pISSN: 0028-3908, eISSN: 1873-7064)
Title: Neuropharmacology
Title(ISO): Neuropharmacology
Publisher: Elsevier Ltd.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 79
必須
必須 399 404
都市 任意
年月日 必須 2014年 4月 末日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.neuropharm.2013.12.009    (→Scopusで検索)
PMID 任意 24361452    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84891783926
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article

  2. (英) PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't