徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [近久 幸子]/Kodama Tohru/Soya Atsushi/Sagawa Yohei/Ishimaru Yuji/[勢井 宏義]/Nishino Seiji/Histamine from brain resident MAST cells promotes wakefulness and modulates behavioral states./[PLoS ONE]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
284151
EOID
751406
Map
0
LastModified
2014年10月21日(火) 16:33:50
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近久 幸子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 近久 幸子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kodama Tohru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Soya Atsushi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Sagawa Yohei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《佐川 恭平 (Sagawa Kyohei) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. (英) Ishimaru Yuji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《石丸 竜士 (Ishimaru Ryuji) @ 工学部 [学部学生] 2012年4月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Nishino Seiji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Histamine from brain resident MAST cells promotes wakefulness and modulates behavioral states.

副題 任意
要約 任意

(英) Mast cell activation and degranulation can result in the release of various chemical mediators, such as histamine and cytokines, which significantly affect sleep. Mast cells also exist in the central nervous system (CNS). Since up to 50% of histamine contents in the brain are from brain mast cells, mediators from brain mast cells may significantly influence sleep and other behaviors. In this study, we examined potential involvement of brain mast cells in sleep/wake regulations, focusing especially on the histaminergic system, using mast cell deficient (W/W(v)) mice. No significant difference was found in the basal amount of sleep/wake between W/W(v) mice and their wild-type littermates (WT), although W/W(v) mice showed increased EEG delta power and attenuated rebound response after sleep deprivation. Intracerebroventricular injection of compound 48/80, a histamine releaser from mast cells, significantly increased histamine levels in the ventricular region and enhanced wakefulness in WT mice, while it had no effect in W/W(v) mice. Injection of H1 antagonists (triprolidine and mepyramine) significantly increased the amounts of slow-wave sleep in WT mice, but not in W/W(v) mice. Most strikingly, the food-seeking behavior observed in WT mice during food deprivation was completely abolished in W/W(v) mice. W/W(v) mice also exhibited higher anxiety and depression levels compared to WT mice. Our findings suggest that histamine released from brain mast cells is wake-promoting, and emphasizes the physiological and pharmacological importance of brain mast cells in the regulation of sleep and fundamental neurobehavior.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 PLoS ONE(Public Library of Science)
(eISSN: 1932-6203)
ISSN 任意 1932-6203
ISSN: 1932-6203 (eISSN: 1932-6203)
Title: PloS one
Title(ISO): PLoS ONE
Publisher: Public Library of Science
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 8
必須 10
必須 e78434 e78434
都市 任意
年月日 必須 2013年 10月 18日
URL 任意
DOI 任意 10.1371/journal.pone.0078434    (→Scopusで検索)
PMID 任意 24205232    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1371/journal.pone.0078434

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  4. (英) OtherID: PMC3800008