徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 柏尾 知明/[池田 建司]/[下村 隆夫]/ウェーブレット解析に基づくホッピングマシンの遷移時刻の推定/[SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
283466
EOID
934692
Map
0
LastModified
2018年12月4日(火) 15:16:38
Operator
池田 建司
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
池田 建司
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学
著者 必須
  1. (英) Kashiwao Tomoaki / (日) 柏尾 知明 / (読) かしわお ともあき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《柏尾 知明 (Kashiwao Tomoaki) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2006年10月〜2009年9月》
    《柏尾 知明 () @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2003年4月〜2005年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 池田 建司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 下村 隆夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Estimation of Transition Times of a Hopping Machine Based on Wavelet Analysis

(日) ウェーブレット解析に基づくホッピングマシンの遷移時刻の推定

副題 任意
要約 任意

(英) The transition time of a hopping machine (HM) as a piecewise linear (PWL) system is estimated by using a wavelet analysis method proposed in previous papers. The HM is a nonlinear system because its equation of motion has a nonlinear drag coefficient term owing to air resistance. The effectiveness of the proposed method for real (nonlinear) systems is verified through instrumental experiments performed on the HM. First, the effect of nonlinearity on the estimation of a transition time is examined. The HM has a discrete transition caused by the nonlinearity in a real system. In addition, two types of discrete transitions are detected from the output data: one caused by the change between discrete free-fall and spring-mass states and the other caused by inversion of the sign of the nonlinear term owing to a change in the velocity of the mass. These transition times are estimated using the proposed method. Finally, the proposed method is compared with a conventional method based on a clustering technique.

(日) ホッピングマシンを区分線系システムとしてとらえ,その離散状態の遷移時刻を 先に提案したWavelet解析に基づく手法で推定した.実機によるデータから,2種類の離散状態の遷移を推定することができた.1つは,自由落下とバネ・マス・ダンパ系の切り替えであり,もう1つは自由落下時の頂点における速度の向きの変化による空気抵抗の向きの変化である.最後に従来手法であるクラスタリングを用いる手法との比較を行った.

キーワード 推奨
  1. (英) piecewise linear system
  2. (英) transition time
  3. (英) wavelet analysis
  4. (英) hopping machine
  5. (英) nonlinearity
発行所 推奨 計測自動制御学会
誌名 必須 SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration([計測自動制御学会])
(pISSN: 1882-4889, eISSN: 1884-9970)
ISSN 任意 1884-9970
ISSN: 1882-4889 (pISSN: 1882-4889, eISSN: 1884-9970)
Title: SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration
Supplier: 公益社団法人 計測自動制御学会
Publisher: The Society of Instrument and Control Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 6
必須 6
必須 396 402
都市 任意
年月日 必須 2013年 11月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.9746/jcmsi.6.396    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意