徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [石上 剛史]/[久保 宜明]/【生活の質(QOL:Quality of life)を高める医療最前線-難治な病気に光明が見えた!-】 乾癬治療に新しい時代の幕開け 生物学的製剤/[四国医学雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
282106
EOID
1043964
Map
0
LastModified
2022年5月16日(月) 14:06:50
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
久保 宜明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 石上 剛史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 久保 宜明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.皮膚科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The opening of a new age in the treatment of psoriasis : Biologics

(日) 【生活の質(QOL:Quality of life)を高める医療最前線-難治な病気に光明が見えた!-】 乾癬治療に新しい時代の幕開け 生物学的製剤

副題 任意
要約 任意

(日) Psoriasis is a chronic inflammatory skin disease, which is clinically characterized by scaly erythemas on the whole body. In the fully developed lesions of psoriasis, the histological features have demonstrated epidermal hyperproliferation with infiltration of T lymphocytes in the dermal papillae. Although pre-biological systemic therapies has targeted mainly proliferative keratinocytes and activated T cells, their effects were limited or these therapies could not be applied for patients with severe organ failures. Therefore, more effective agents are expected to improve quality of life (QOL) of patients with psoriasis. Recent studies have showed what kinds of cells, cell surface molecules, and cytokines should play a pivotal role in the pathogenesis of psoriasis. Biological therapies targeting these molecules have proved to be so effective for obstinate lesions of psoriasis. Here, we describe clinical features and pathogenesis of psoriasis, and the characteristics of several conventional and biological therapies for psoriasis in Japan.

キーワード 推奨
  1. (日) 感染(化学的誘発)
  2. (日) *乾癬(病因,薬物療法)
  3. (日) *モノクローナル抗体(治療的利用,毒性・副作用)
  4. (日) 生物学的製剤(治療的利用,毒性・副作用)
  5. (日) 皮下注射
  6. (日) *Infliximab(治療的利用,毒性・副作用)
  7. (日) *Adalimumab(治療的利用,毒性・副作用)
  8. (日) 静脈内注射
  9. (日) *Ustekinumab(治療的利用,毒性・副作用)
  10. ヒト(Homo sapiens)
発行所 推奨 (日) 徳島医学会
誌名 必須 四国医学雑誌([徳島医学会])
(pISSN: 0037-3699)
ISSN 任意 0037-3699
ISSN: 0037-3699 (pISSN: 0037-3699)
Title: 四国医学雑誌
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Igakkai
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 69
必須 1-2
必須 3 6
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2013年 4月 25日
URL 任意 http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/109607
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050282812441681024
NAID 120005942516
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 109607
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) %D: 2013

  2. (日) %9: 解説/特集

  3. (英) ISBN/ISSN: 0037-3699

  4. (日) %+: 徳島大学 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部皮膚科学分野

  5. (英) %M: 2013271393

  6. (日) %W: 医学中央雑誌刊行会

  7. (日) %~: 医中誌

  8. (英) %[: 2014/8/12