徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 五十嵐 愛子/畑 郁江/林 泰平/川谷 正男/大嶋 勇成/眞弓 光文/[久保 宜明]/多彩な血管病変を呈したBannayan-Riley-Ruvalcaba症候群の1例/[日本小児科学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
282102
EOID
751342
Map
0
LastModified
2014年10月21日(火) 13:48:40
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
久保 宜明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 五十嵐 愛子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 畑 郁江
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 林 泰平
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 川谷 正男
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (日) 大嶋 勇成
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (日) 眞弓 光文
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 久保 宜明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.皮膚科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Various Vascular Lesions in a Girl with Bannayan-Riley-Ruvalcaba Syndrome

(日) 多彩な血管病変を呈したBannayan-Riley-Ruvalcaba症候群の1例

副題 任意
要約 任意
キーワード 推奨
  1. (日) *過誤腫症候群-多発性(合併症); 肝臓疾患(病因,X線診断); 肝動脈(X線診断); *血管疾患(病因,X線診断); 血管瘻(病因,X線診断); X線CT; 動静脈瘻(病因,X線診断); 動脈瘤(病因,X線診断); 変異; 門脈(X線診断); 血管脂肪腫(病因,X線診断); PTEN Phosphatase
  2. (日) *Bannayan-Zonana症候群(合併症); 肝内短絡路(病因,X線診断); 腹部CT
  3. (日) ヒト; 青年期(13∼18); 女
発行所 推奨 (日) 日本小児科学会
誌名 必須 日本小児科学会雑誌(日本小児科学会)
(pISSN: 0001-6543)
ISSN 任意 0001-6543
ISSN: 0001-6543 (pISSN: 0001-6543)
Title: Nihon Shonika Gakkai zasshi. Acta paediatrica Japonica
Title(ISO): Nihon Shonika Gakkai Zasshi
 (NLM Catalog  (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 117
必須 5
必須 868 871
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2013年 5月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/40019693709/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 40019693709
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) %D: 2013

  2. (日) %9: 原著論文/症例報告

  3. (英) ISBN/ISSN: 0001-6543

  4. (日) %+: 福井大学 医学部小児科

  5. (日) %X: 17歳女.生下時から顔面や体幹に疣贅状の皮膚病変を認め,その後,癲癇,精神運動発達遅滞,視神経膠腫,消化管ポリポーシス,腸間膜脂肪腫,下腿の血管脂肪腫などを生じた.今回,経口摂取不良の原因精査目的で入院し,門脈肝静脈シャントと肝動脈瘤および肝外門脈瘤を認めた.既往歴からBannayan-Riley-Ruvalcaba症候群を疑い,その責任遺伝子とされているPTEN(Phosphatase and tensin homologue deleted on chromosome10)遺伝子の解析を行ったところ,同遺伝子の変異が確認された.PTENは,血管形成や腫瘍血管新生に関わるPI3キナーゼ経路の抑制作用をもつことから,本例の血管病変はPTEN遺伝子の変異によるものと考えられた.

  6. (英) %M: 2013257967

  7. (日) %W: 医学中央雑誌刊行会

  8. (日) %~: 医中誌

  9. (英) %[: 2014/8/12