徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [笈田 将皇]/[宇都 義浩]/[富永 正英]/[佐々木 幹治]/[原 康男]/Kishi Taro/[堀 均]/Radiosensitivity Uncertainty Evaluation for the In Vitro Biophysical Modeling of EMT6 Cells/[Anticancer Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
281814
EOID
890066
Map
0
LastModified
2018年2月27日(火) 11:36:52
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士後期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. 笈田 将皇
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 富永 正英([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像解析学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 佐々木 幹治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.放射線治療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 原 康男([徳島大学.病院.診療支援部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Kishi Taro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 堀 均
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Radiosensitivity Uncertainty Evaluation for the In Vitro Biophysical Modeling of EMT6 Cells

副題 任意
要約 任意

(英) The aims of this study were to evaluate the cell survival uncertainty distribution of radiation and to assess the accuracy of predictions of tumor response by using three different in vitro experimental cell cultures with radiosensitizers (including etanidazole). Using EMT6 cells and X-rays, the cell survival fraction was obtained from 15, 34, and 21 different experiments under normoxic, hypoxic, and hypoxic-plus-radiosensitizer culture, respectively. The α coefficients were 0.257 ± 0.188, 0.078 ± 0.080, and 0.182 ± 0.116 Gy(-1), respectively. The β coefficients were 0.0159 ± 0.0208, 0.0076 ± 0.0113, and 0.0062 ± 0.0077 Gy(-2), respectively. The α coefficient and the dose that killed half of the clonogens population (D50) were significantly different between normoxic cell and hypoxic cell cultures (p<0.01), respectively. The use of radiosensitizers under hypoxic conditions improved radiosensitivity. Our results suggest that parameter value distributions are required for biophysical modeling of applications for radiotherapy.

キーワード 推奨
  1. (英) Radiotherapy
  2. (英) biophysical modelling
  3. (英) in vitro
  4. (英) radiosensitivity uncertainty
発行所 推奨 (英) The International Institute of Anticancer Research
誌名 必須 Anticancer Research(International Institute of Anticancer Research(IIAR))
(pISSN: 0250-7005, eISSN: 1791-7530)
ISSN 任意 1791-7530
ISSN: 0250-7005 (pISSN: 0250-7005, eISSN: 1791-7530)
Title: Anticancer research
Title(ISO): Anticancer Res.
Publisher: International Institute of Anticancer Research
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 34
必須 8
必須 4621 4626
都市 任意
年月日 必須 2014年 8月 末日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 25075109    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000339773500021
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Life System, Institute of Technology and Science, Graduate School, The University of Tokushima, 2-1 Minamijosanjimacho, Tokushima 770-8506, Japan. uto@bio.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article