徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Abe Chiaki/[宇都 義浩]/Kawasaki Ayaka/Noguchi Chiho/Tanaka Ryo/Yoshitomi Toru/Nagasaki Yukio/Endo Yoshio/[堀 均]/Evaluation of the in vivo antioxidative activity of redox nanoparticles by using a developing chicken egg as an alternative animal model/[Journal of Controlled Release]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
281805
EOID
806947
Map
0
LastModified
2016年2月5日(金) 13:19:36
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Abe Chiaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《阿部 千晶 (Abe Chiaki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2010年4月〜2013年3月》
    《安部 千秋 (Abe Chiaki) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2009年4月〜2012年3月》
    《阿部 千晶 (Abe Chiaki) @ 工学部 [学部学生] 2008年4月〜2010年3月》
    《安部 千秋 (Abe Chiaki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《阿部 千晶 (Abe Chiaki) @ 工学部 [特別聴講学生] 2007年5月〜2007年9月》
    《安部 千秋 (Abe Chiaki) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kawasaki Ayaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《川﨑 彩加 (Kawasaki Ayaka) @ 工学部 [学部学生] 2007年4月〜2011年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Noguchi Chiho
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《野口 智帆 (Noguchi Chiho) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2012年4月〜2014年3月》
    《野口 智帆 (Noguchi Chiho) @ 工学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. (英) Tanaka Ryo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《田中 涼 (Tanaka Ryo) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2014年3月》
    《田中 亮 (Tanaka Ryo) @ 工学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    《田中 良 (Tanaka Ryo) @ 工学部 [学部学生] 2012年4月〜2016年3月》
    《田中 涼 (Tanaka Ryo) @ 工学部 [学部学生] 2008年4月〜2011年3月》
    《田中 涼 (Tanaka Ryo) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2009年4月〜2011年3月》
    《田中 亮太朗 (Tanaka Ryotaroh) @ 総合科学部 [学部学生] 2014年4月〜2018年3月》
    《田中 稜真 (Tanaka Ryoma) @ 総合科学部 [学部学生] 2015年4月〜2019年3月》
    《田中 涼太 (Tanaka Ryota) @ 工学部 [学部学生] 2015年4月〜2019年3月》
    《田中 涼 (Tanaka Ryo) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Yoshitomi Toru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Nagasaki Yukio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Endo Yoshio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 堀 均
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Evaluation of the in vivo antioxidative activity of redox nanoparticles by using a developing chicken egg as an alternative animal model

副題 任意
要約 任意

(英) Antioxidants have been demonstrated to exert beneficial effects as pharmacotherapies for cardiovascular diseases. The in vitro systems generally employed to evaluate antioxidants, however, are limited by having no appreciable in vivo redox status of the antioxidants. Therefore, we used our developing chicken egg model to evaluate the in vivo antioxidative activity of a redox nanoparticle possessing 2,2,6,6-tetramethylpiperidine-1-oxyl (RNP(O)). The 2,2'-azobis(2-methylpropionamidine) dihydrochloride (AAPH) elicited strong oxidative stress and its LD50 value for chick embryos was 3.5±0.9mg/egg. The low molecular weight nitroxide compound, 4-hydroxy-2,2,6,6-tetramethylpiperidine-1-oxyl (TEMPOL), which is known to have the highest level of antioxidant activity, showed no significant protective effect against AAPH-induced embryo lethality. On the contrary, RNP(O) had potent protective effects against AAPH-induced embryo lethality. Moreover, RNP(O) could significantly suppress the production of lipid peroxides in chick serum induced by hydrocortisone. Since RNP(O) has a longer retention time in blood than TEMPOL, RNP(O) may protect the embryo against lethal oxidative stress by suppressing lipid peroxidation. The validity of in vivo experiments using developing chicken eggs was supported by our data, where RNP(O) was determined to elicit strong antioxidative activity in vivo, irrespective of the lack of a significant difference in the in vitro activity between low-molecular weight TEMPOL and RNP(O). Our results support the use of the developing chicken egg model to evaluate the potential in vivo antioxidative activity of RNP(O).

キーワード 推奨
  1. 抗酸化物質(antioxidant)
  2. (英) redox nanoparticle
  3. (英) chick embryo
  4. 薬物速度論(pharmacokinetics)
発行所 推奨 Elsevier Science B.V.
誌名 必須 Journal of Controlled Release(Controlled Release Society)
(pISSN: 0168-3659, eISSN: 1873-4995)
ISSN 任意 1873-4995
ISSN: 0168-3659 (pISSN: 0168-3659, eISSN: 1873-4995)
Title: Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society
Title(ISO): J Control Release
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 182
必須 ---
必須 67 72
都市 任意
年月日 必須 2014年 5月 28日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.jconrel.2014.03.015    (→Scopusで検索)
PMID 任意 24637467    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000335554000007
Scopus 任意 2-s2.0-84897382722
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Life System, Institute of Technology and Science, Graduate School, The University of Tokushima, 2-1 Minamijosanjimacho, Tokushima 770-8506, Japan. uto@bio.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article