徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [岩橋 衆一]/[宇都宮 徹]/[島田 光生]/[齋藤 裕]/[森根 裕二]/[居村 暁]/[池本 哲也]/[森 大樹]/[花岡 潤]/[坂東 良美]/High expressions of cancer stem cell markers in cholangiolocellular carcinoma./[Surgery Today]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
280784
EOID
813358
Map
0
LastModified
2016年3月22日(火) 20:05:08
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
島田 光生
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 岩橋 衆一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 宇都宮 徹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 島田 光生([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 齋藤 裕([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 森根 裕二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 居村 暁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 池本 哲也([徳島大学.病院.中央診療施設等.安全管理部]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 森 大樹([徳島大学.病院.診療科.外科.小児外科・小児内視鏡外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 花岡 潤
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) High expressions of cancer stem cell markers in cholangiolocellular carcinoma.

副題 任意
要約 任意

(英) Cholangiolocellular carcinoma (CLC) is an extremely rare malignant liver tumor. It is thought to originate from the ductules and/or canals of Hering, where hepatic stem cells (HpSC) are located, but there are few reports on cancer stem cell markers in CLC. Thus, we evaluated the significance of cancer stem cell markers, including CD133, CD44, and EpCAM, in CLC. The subjects of this study were three patients with CLC and one patient with an intermediate type of combined hepatocellular cholangiocarcinoma (CHC). The cancer cell markers, CK7, CK19, and EMA, were evaluated immunohistochemically. Histological examination of the CLC revealed morphologically cholangiolar features and immunohistochemical examination revealed positivity for CD133, CD44, and EpCAM. On the other hand, in the intermediate type of CHC, only CD44 was positive, whereas CD133 and EpCAM were negative. CLC may have stronger features derived from HpSCs than an intermediate type of CHC.

キーワード 推奨
  1. (日) 英文論文
発行所 推奨
誌名 必須 Surgery Today([社団法人 日本外科学会])
(pISSN: 0941-1291, eISSN: 1436-2813)
ISSN 任意 1436-2813
ISSN: 0941-1291 (pISSN: 0941-1291, eISSN: 1436-2813)
Title: Surgery today
Title(ISO): Surg Today
Supplier: Springer Online Journal Archive
Publisher: Springer
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 43
必須 6
必須 654 660
都市 任意
年月日 必須 2013年 6月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s00595-012-0437-9    (→Scopusで検索)
PMID 任意 23192764    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000318904300012
Scopus 任意 2-s2.0-84878013011
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1007/s00595-012-0437-9

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) OtherID: PMC3651534