徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 斉藤 勝平/福永 衣留/本田 沙理/[金丸 芳]/[佐藤 征弥]/[小山 保夫]/Nonivamide, a natural analog of capsaicin, affects intracellular Ca2+ level in rat thymic lymphocytes/[Natural Science Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
280376
EOID
901677
Map
0
LastModified
2018年4月26日(木) 22:08:30
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
小山 保夫
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術レター(ショートペーパー)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 教育
共著種別 推奨
学究種別 推奨 学士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻.環境共生分野(2009年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部.創生科学研究部門.環境共生科学分野(2009年4月1日〜2016年3月31日)
  3. 徳島大学.総合科学部.社会創生学科.環境共生コース(2009年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Saitoh Shoehei / (日) 斉藤 勝平 / (読) さいとう しょうへい
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Fukunaga Eri / (日) 福永 衣留 / (読) ふくなが えり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Honda Sari / (日) 本田 沙理 / (読) ほんだ さり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 金丸 芳([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.食料科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 佐藤 征弥([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.生物生産系.生物資源生産科学分野]/[徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部.創生科学研究部門.環境共生科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.環境共生コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 小山 保夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Nonivamide, a natural analog of capsaicin, affects intracellular Ca2+ level in rat thymic lymphocytes

副題 任意
要約 任意

(英) Effect of nonivamide, a natural analog of capsaicin, on intracellular Ca2+ level of rat thymocytes was examined using a flow-cytometric technique with appropriate fluorescent probes in order to further characterize the cytotoxicity because nonivamide can be used as an active intergradient of antifouling paints. Nonivamide at concentrations ranging from 30 µM to 300 µM significantly increased the intensity of Fluo-3 fluorescence. The potency of 100 µM nonivamide to increase the fluorescence was similar to that of 100 µM capsaicin. The increase in Fluo-3 fluorescence by 100 µM nonivamide was attenuated under an external Ca2+-free condition. Nonivamide at 100 µM also increased the intensity of Fluo-3 fluorescence in the continued presence of 100 µM capsaicin. It is suggested that nonivamide at high micromolar concentrations increases intracellular Ca2+ level via the activation of vanilloid receptors. Nonivamide concentrations (30 µM or more) that increase intracellular Ca2+ level in rat thymocytes are comparable to those in algal cells. However, it is something hard to argue the implications in environmental science because nonivamide doesn't seem to be released into environment in such a high concentration, and because bioaccumulation of nonivamide has not been reported.

キーワード 推奨
  1. (英) Capsaicin
  2. (英) Nonivamide
発行所 推奨 徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部(2009年4月1日〜2016年3月31日)
誌名 必須 Natural Science Research([徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
(pISSN: 0914-6385)
ISSN 任意 0914-6385
ISSN: 0914-6385 (pISSN: 0914-6385)
Title: 徳島大学総合科学部自然科学研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 28
必須 3
必須 15 19
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2014年 7月 31日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110009915549/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110009915549
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 106432
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意