徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [泰江 章博]/[ミツイ アカギ シルビア ナオミ]/Watanabe Takahito/Sakuma Tetsushi/[親泊 政一]/Yamamoto Takashi/[野地 澄晴]/[三戸 太郎]/[田中 栄二]/Highly efficient targeted mutagenesis in one-cell mouse embryos mediated by the TALEN and CRISPR/Cas systems./[Scientific Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
280333
EOID
941731
Map
0
LastModified
2019年3月25日(月) 14:17:15
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  2. 徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜)
  3. 徳島大学.疾患プロテオゲノム研究センター(2008年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.プロテオゲノム研究領域])
  4. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門.生命機能工学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 泰江 章博
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. ミツイ アカギ シルビア ナオミ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Watanabe Takahito
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Sakuma Tetsushi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 親泊 政一([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Yamamoto Takashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 野地 澄晴([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 三戸 太郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.生物生産システム講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Highly efficient targeted mutagenesis in one-cell mouse embryos mediated by the TALEN and CRISPR/Cas systems.

副題 任意
要約 任意

(英) Since the establishment of embryonic stem (ES) cell lines, the combined use of gene targeting with homologous recombination has aided in elucidating the functions of various genes. However, the ES cell technique is inefficient and time-consuming. Recently, two new gene-targeting technologies have been developed: the transcription activator-like effector nuclease (TALEN) system, and the clustered regularly interspaced short palindromic repeat (CRISPR)/CRISPR-associated protein (Cas) system. In addition to aiding researchers in solving conventional problems, these technologies can be used to induce site-specific mutations in various species for which ES cells have not been established. Here, by targeting the Fgf10 gene through RNA microinjection in one-cell mouse embryos with the TALEN and CRISPR/Cas systems, we produced the known limb-defect phenotypes of Fgf10-deficient embryos at the F0 generation. Compared to the TALEN system, the CRISPR/Cas system induced the limb-defect phenotypes with a strikingly higher efficiency. Our results demonstrate that although both gene-targeting technologies are useful, the CRISPR/Cas system more effectively elicits single-step biallelic mutations in mice.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Scientific Reports([Nature Publishing Group])
(eISSN: 2045-2322)
ISSN 任意 2045-2322
ISSN: 2045-2322 (eISSN: 2045-2322)
Title: Scientific reports
Title(ISO): Sci Rep
Publisher: Springer Science+Business Media
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 4
必須 ---
必須 5705 5705
都市 任意
年月日 必須 2014年 7月 16日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/srep05705    (→Scopusで検索)
PMID 任意 25027812    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000338991000010
Scopus 任意 2-s2.0-84904490723
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article