徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [石原 国彦]/[一宮 昌司]/大音響騒音発生時における管群ダクト内の圧力・流量の挙動について/[日本機械学会論文集]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
280182
EOID
798546
Map
0
LastModified
2015年9月16日(水) 13:38:22
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
一宮 昌司
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. エネルギー変換工学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 石原 国彦
    役割 任意

    (日) テーマの計画,解析,考察,記述,論文執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 一宮 昌司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) On Behaviors of Pressure and Velocity in Duct with Tube Bank at Onset of High Level Sound

(日) 大音響騒音発生時における管群ダクト内の圧力・流量の挙動について

副題 任意
要約 任意

(英) Vortices occur when gas flow passes through a duct with a tube bank of the heat exchangers, such as a gas heater and a boiler. Very high level sound called a "self-sustained tone" occurs due to the interference of the vortices and the sound field in the duct. There are many investigations concerning the generation mechanism and countermeasures of the self-sustained tones. However there are few investigations focusing on the behaviors of the pressure and the velocity in occurrence of the self-sustained tones. In the past, we experienced the failure of the fan blade used in the experiment. In this paper, the experiment was carried out to examine the behaviors of the pressure and the velocity in the duct with tube bank. As a result, the static pressure changes along the squared curve when the self-sustained tone does not occur. But it suddenly rises up when the self-sustained tone occurs and it is possible for this pressure rise to cause the blade failure due to the generation of the rotating stall. In addition, it was clarified that the flow velocity does not increase in proportion to the inverter frequency and its gradient decreases when the self-sustained tone occurs.

(日) 熱交換器内のダクト内管群から発生する渦の周波数とダクトの気柱共鳴周波数が一致して起きる共鳴や空力自励音が大きな問題でるが,その発生時にダクト内のガス流速や圧力がどのように変化するかについてはあまり報告されていない.そこで自励音発生時におけるガス流速や圧力の挙動を明らかにする実験を行った.自励音が発生していないときは管群列数が多いほどそれが流路抵抗となりダクト出口での流速分布の変化は小さくなるが,自励音が発生するとダクト幅方向音圧モードの影響を受けダクト出口の流速分布は大きくなることが明らかになった.

キーワード 推奨
  1. (英) Noise control / (日) 騒音制御
  2. 音響雑音(acoustic noise)
  3. (英) Natural frequency / (日) 自然周波数
  4. 流体関連振動(flow-induced vibration)
  5. (英) Rotating Stall / (日) 旋回失速
発行所 推奨 (英) The Japan Society of Mechanical Engineers
誌名 必須 日本機械学会論文集([日本機械学会])
(eISSN: 2187-9761)
ISSN 任意 2187-9761
ISSN: 2187-9761 (eISSN: 2187-9761)
Title: 日本機械学会論文集
Supplier: 一般社団法人 日本機械学会
Publisher: The Japan Society of Mechanical Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 80
必須 815
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2014年 7月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130005004908/
DOI 任意 10.1299/transjsme.2014dr0204    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130005004908
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意