徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [杉山 茂]/永廣 卓哉/新田 馨久/板垣 愛/[中川 敬三]/[加藤 雅裕]/加藤 裕樹/秋原 秀治/安川 隼也/二宮 航/Acidic Properties of Various Silica Catalysts Doped with Chromium for the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane to Isobutene/[Journal of Chemical Engineering of Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
280069
EOID
890372
Map
0
LastModified
2018年2月28日(水) 13:42:21
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
杉山 茂
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 機能性材料(2006年4月1日〜2016年3月31日)
  2. 徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座(2012年4月1日〜)
著者 必須
  1. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Ehiro Takuya / (日) 永廣 卓哉 / (読) えひろ たくや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Nitta Yoshihisa / (日) 新田 馨久 / (読) にった よしひさ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (英) Itagaki Ai / (日) 板垣 愛 / (読) いたがき あい
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 板垣 大雅 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.救急集中治療医学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 中川 敬三
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 加藤 雅裕([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Katou Yuuki / (日) 加藤 裕樹 / (読) かとう ゆうき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《加藤 祐希 (Katoh Yuki) @ 歯学部 [科目等履修生] 2011年10月〜2014年3月》
    《加藤 裕樹 (Kato Yuki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《加藤 裕樹 (Kato Yuki) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Akihara Shuji / (日) 秋原 秀治 / (読) あきはら しゅうじ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Yasukawa Toshiya / (日) 安川 隼也 / (読) やすかわ としや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Ninomiya Wataru / (日) 二宮 航 / (読) にのみや わたる
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Acidic Properties of Various Silica Catalysts Doped with Chromium for the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane to Isobutene

副題 任意
要約 任意

(英) Although previous researchers have found that FSM-16 (#16 Folded Sheet Mesoporous material) doped with chromium and related Cr-doped silica catalysts has shown great activity for the oxidative dehydrogenation of isobutane to isobutene, information on the nature of these catalysts is insufficient. For this study, three types of Cr-doped silica catalysts were prepared by applying the template ion exchange method. CrOx/FSM-16 and CrOx/SiO2 were used as references. These catalysts were used for oxidative dehydrogenation, which was then characterized via various techniques. The most active catalyst was Cr-doped silica, which did not have the hexagonal structure that is characteristic of mesoporous FSM-16. Various characterizations showed that the catalytic activity of the Cr-species, stemmed from a weak acidic nature and a redox nature that originated from the combination of silicate and a Cr cation, as opposed to the hexagonal structure and strong acidic nature of FSM-16.

(日) 前報でCrで修飾したFSM-16がイソブタンの接触酸化脱水素反応によるイソブテンに対して優れた活性を示すことを示した.本論文では,活性の発現因子を明らかにするために,基準となるCrOx/FSM-16やCrOx/SiO2触媒とともに,活性試験,構造解析,酸性質の詳細な検討を行った.その結果,FSM-16のメソ構造を破壊し,中程度の酸強度,酸量を持つCrで修飾したFSM-16が高活性を示すことを明らかにした.特に,Crのレドックス挙動とFSM-16の酸性質の相乗作用で活性が発現していることが確認された.

キーワード 推奨
  1. (英) Oxidative dehydrogenation
  2. (英) Isobutane
  3. (英) Isobutene
  4. (英) FSM-16
  5. (英) Chromium-doping
発行所 推奨 社団法人 化学工学会
誌名 必須 Journal of Chemical Engineering of Japan([社団法人 化学工学会])
(pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
ISSN 任意 0021-9592
ISSN: 0021-9592 (pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
Title: JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN
Supplier: 公益社団法人 化学工学会
Publisher: Society of Chemical Engineers Japan
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 48
必須 2
必須 133 140
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2015年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1252/jcej.14we112    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130004862055
WOS 任意 000352206100008
Scopus 任意 2-s2.0-84923188312
機関リポジトリ 109889
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意