徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Shishikura Miho/Hakariya Hitomi/Iwasa Sumiko/Yoshio Takashi/Ichiba Hideaki/[頼田 和子]/[福井 清]/Fukushima Takeshi/Evaluation of human D-amino acid oxidase inhibition by anti-psychotic drugs in vitro/[Bioscience Trends]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
279860
EOID
824204
Map
0
LastModified
2016年7月13日(水) 10:19:58
Operator
福井 清
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
福井 清
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 疾患酵素学研究センター(2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
著者 必須
  1. (英) Shishikura Miho
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Hakariya Hitomi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Iwasa Sumiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Yoshio Takashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Ichiba Hideaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 頼田 和子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 福井 清([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Fukushima Takeshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Evaluation of human D-amino acid oxidase inhibition by anti-psychotic drugs in vitro

副題 任意
要約 任意

(英) It is of importance to determine whether antipsychotic drugs currently prescribed for schizophrenia exert D-amino acid oxidase (DAO)-inhibitory effects. We first investigated whether human (h)DAO can metabolize D-kynurenine (D-KYN) to produce the fluorescent compound kynurenic acid (KYNA) by using high-performance liquid chromatography with mass spectrometry, and fluorescence spectrometry. After confirmation of KYNA production from D-KYN by hDAO, 8 first- and second-generation antipsychotic drugs, and 6 drugs often prescribed concomitantly, were assayed for hDAO-inhibitory effects by using in vitro fluorometric methods with D-KYN as the substrate. DAO inhibitors 3-methylpyrazole-5-carboxylic acid and 4H-thieno[3,2-b]pyrrole-5-carboxylic acid inhibited KYNA production in a dose-dependent manner. Similarly, the second-generation antipsychotics blonanserin and risperidone were found to possess relatively strong hDAO-inhibitory effects in vitro (5.29 ± 0.47 M and 4.70 ± 0.17 M, respectively). With regard to blonanserin and risperidone, DAO-inhibitory effects should be taken into consideration in the context of their in vivo pharmacotherapeutic efficacy.

キーワード 推奨
  1. (英) Antipsychotic Agents
  2. (英) D-Amino-Acid Oxidase
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] D-アミノ酸酸化酵素 (D-amino acid oxidase)
    [キーワード] ヒトD-アミノ酸酸化酵素 (human D-amino acid oxidase)
  3. (英) Enzyme Activation
  4. (英) Humans
  5. (英) Piperazines
  6. (英) Piperidines
  7. (英) Risperidone
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] リスペリドン (risperidone)
発行所 推奨 International Research and Cooperation Association for Bio & Socio-Sciences Advancement
誌名 必須 Bioscience Trends([International Research and Cooperation Association for Bio & Socio-Sciences Advancement])
(pISSN: 1881-7815, eISSN: 1881-7823)
ISSN 任意 1881-7823
ISSN: 1881-7815 (pISSN: 1881-7815, eISSN: 1881-7823)
Title: Bioscience trends
Title(ISO): Biosci Trends
Supplier: 特定非営利活動法人 バイオ&ソーシャル・サイエンス推進国際研究交流会
Publisher: International Advancement Center for Medicine & Health Research Co., Ltd. (IACMHR Co., Ltd.)
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 8
必須 3
必須 149 154
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2014年 6月 1日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130004572599/
DOI 任意 10.5582/bst.2014.01034    (→Scopusで検索)
PMID 任意 25030849    (→Scopusで検索)
NAID 任意 130004572599
WOS 任意 000340028100003
Scopus 任意 2-s2.0-84904859965
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't