徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [杉山 茂]/岡田 康宏/山根 圭貴/永廣 卓哉/[中川 敬三]/[加藤 雅裕]/加藤 裕樹/秋原 秀治/安川 隼也/二宮 航/Effects of the Acidic Properties of FSM-16 on the Catalytic Conversion of 1,2-Propandiol in the Presence and Absence of Hydrogen/[Journal of Chemical Engineering of Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
279041
EOID
902293
Map
0
LastModified
2018年5月1日(火) 20:59:51
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
杉山 茂
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 機能性材料(2006年4月1日〜2016年3月31日)
  2. 徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座(2012年4月1日〜)
著者 必須
  1. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Okada Yasuhiro / (日) 岡田 康宏 / (読) おかだ やすひろ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Yamane Yoshiki / (日) 山根 圭貴 / (読) やまね よしき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (英) Ehiro Takuya / (日) 永廣 卓哉 / (読) えひろ たくや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 中川 敬三
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 加藤 雅裕([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Katou Yuuki / (日) 加藤 裕樹 / (読) かとう ゆうき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《加藤 祐希 (Katoh Yuki) @ 歯学部 [科目等履修生] 2011年10月〜2014年3月》
    《加藤 裕樹 (Kato Yuki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《加藤 裕樹 (Kato Yuki) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Akihara Shuji / (日) 秋原 秀治 / (読) あきはら しゅうじ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Yasukawa Toshiya / (日) 安川 隼也 / (読) やすかわ としや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Ninomiya Wataru / (日) 二宮 航 / (読) にのみや わたる
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effects of the Acidic Properties of FSM-16 on the Catalytic Conversion of 1,2-Propandiol in the Presence and Absence of Hydrogen

副題 任意
要約 任意

(英) In our previous paper, we showed how the catalytic conversion of 1,2-propandiol to propanal using FSM-16 (#16 Folded Sheets of Mesoporous materials) when molded by wet treatment proceeded more favorably than when using FSM-16 molded by pressurization, while no comparison using other typical acidic catalysts and no examination of the acidic properties of FSM-16 was carried out. In the present study, the conversion using FSM-16 molded by wet-treatment and pressurization was compared with the use of typical acidic catalysts such as SiW12O40/SiO2 and MCM-41 (#41 of Mobil Composition of Matter) together with amorphous SiO2. Among these catalysts, FSM-16 molded by wet treatment showed the most suitable catalytic activity. In order to examine the effect of the molding procedure for FSM-16 on its structural and acidic properties, FSM-16 molded by both methods was examined using NH3-TPD, in-situ FT-IR using NH3 as a probe molecule and Hammett indicators together with XRD and TEM. According to Zaitsev's rule, the present conversion should afford acetone rather than propanal, which indicates that it would proceed via hydro-cracking. Therefore the conversion of 1,2-propandiol using FSM-16 was also examined in the presence and absence of hydrogen. Furthermore the hydrations of 1- and 2-propanol when using FMS-16 were also examined. Based on the results obtained from this investigation, it was concluded that the conversion using a more acidic FSM-16 molded by wet treatment proceeded through dehydration rather than through hydro-cracking.

(日) 我々は,FSM-16が1,2-プロパンジオールからプロパナールへの高活性触媒であることを見出した.本論文では,高活性の発現因子を解明するため,構造解析と酸性質の詳細な検討を行い,ヘキサゴナル構造を保持した,酸性質の高い触媒が活性を与えることを示した.さらに,反応機構が水素化分解機構か,脱水素機構化という点を原料ガスに水素を添加して検討し,脱水機構で進むことを明らかにした.

キーワード 推奨
  1. (英) Catalytic Conversion
  2. (英) 1,2-Propandiol
  3. (英) Propanal
  4. (英) FSM-16
  5. (英) Acidic Properties
発行所 推奨 社団法人 化学工学会
誌名 必須 Journal of Chemical Engineering of Japan([社団法人 化学工学会])
(pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
ISSN 任意 0021-9592
ISSN: 0021-9592 (pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
Title: JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN
Supplier: 公益社団法人 化学工学会
Publisher: Society of Chemical Engineers Japan
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 48
必須 3
必須 215 221
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2015年 3月 20日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130004862065/
DOI 任意 10.1252/jcej.14we136    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130004862065
WOS 任意 000352207200010
Scopus 任意 2-s2.0-84925135804
機関リポジトリ 109890
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意