徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [伊藤 照明]/Watanabe Tomio/Three Key Challenges in ARM-COMS for Entrainment Effect Acceleration in Remote Communication/[Lecture Notes in Computer Science]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
279030
EOID
809479
Map
0
LastModified
2016年2月25日(木) 13:33:00
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
伊藤 照明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.機械工学科.生産システム講座
  2. 岡山県立大学
著者 必須
  1. 伊藤 照明
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Watanabe Tomio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Three Key Challenges in ARM-COMS for Entrainment Effect Acceleration in Remote Communication

副題 任意
要約 任意

(英) Remote communication systems, which are getting popular these days, allow us to enjoy the benefit of audio/video communication over the network. However, communication based on these systems is still not identical to face-to-face meetings. For example, open issues include lack of tele-presence, lack of entrainment in communication, etc. In order to tackle these issues, this study proposes an idea of remote individuals' connection through augmented tele-presence systems called ARM-COMS: ARm-supported eMbodied Communication Monitor System. ARM-COMS is composed of a tablet PC as an ICT (Information and Communication Technology) device and a desktop robotic arm which manipulates the tablet. Two types of modes, or intelligent tablet mode (IT-mode) and intelligent avatar mode (IA-mode), play a key role in ARM-COMS to implement the three functions; namely, autonomous positioning (AP), autonomous entrainment movement (AEM), and autonomous entrainment positioning (AEP). This paper proposes the basic concept of ARMCOMS to accelerate the entrainment effect in remote communication.

(日) 最近普及の目覚しいリモート通信システムは,私たちはネットワークを介してオーディオ/ビデオ通信の恩恵を享受することができる.しかしながら,これらのシステムに基づいた通信は体面の対話とは同じではない.たとえば未解決の問題として,テレプレゼンスの欠如,コミュニケーションにおける引き込みの欠如などがあげられる.この研究は,拡張テレプレゼンスシステムを介したリモート個人のコネクションのアイデアをARM-COMSとして提案する. ARM-COMSは,ICTなどのタブレットPC(情報通信技術)とタブレットを操作するデスクトップロボットアームで構成される.二種類のモード,またはインテリジェントタブレットモード(ITモード)およびインテリジェントアバターモード(IA-モード)の,3つの機能を実装するためにARM-COMSにおいて重要な役割を果たしている.すなわち,自律測位(AP),自律巻き込み運動(AEM),および自律連行ポジショニング(AEP).本論文では,リモート通信でのエントレインメント効果を加速するARMCOMSの基本概念を提案する.

キーワード 推奨
発行所 推奨 (英) Springer International Publishing Switzerland
誌名 必須 Lecture Notes in Computer Science([Springer])
(pISSN: 0302-9743, eISSN: 1611-3349)
ISSN 任意 0302-9743
ISSN: 0302-9743 (pISSN: 0302-9743, eISSN: 1611-3349)
Title: Lecture Notes in Computer Science
Supplier: Springer LNCS
Publisher: Springer, Cham.
 (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 HIMI 2014, Part I
必須 LNCS 8521
必須 177 186
都市 必須 (英) Heraklion, Crete, Greece
年月日 必須 2014年 6月 24日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/978-3-319-07731-4_18    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84904135282
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) ISBN978-3-319-07730-7