徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [木内 美瑞穂]/[粟飯原 賢一]/[藤中 雄一]/[吉田 守美子]/Ooguro Yukari/Kurahashi Kiyoe/[近藤 剛史]/Aki Nanako/[黒田 暁生]/[遠藤 逸朗]/[松久 宗英]/[松本 俊夫]/Diabetic conditions differentially affect the endothelial function, arterial stiffness and carotid atherosclerosis./[Journal of Atherosclerosis and Thrombosis]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
278557
EOID
803666
Map
0
LastModified
2015年12月2日(水) 13:35:37
Operator
山中 絹代
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
粟飯原 賢一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 木内 美瑞穂
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 粟飯原 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).糖尿病・代謝疾患治療医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 藤中 雄一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 吉田 守美子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Ooguro Yukari
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Kurahashi Kiyoe
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 倉橋 清衛 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.内分泌・代謝内科])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《倉橋 清衛 (Kurahashi Kiyoe) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2008年10月〜2017年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. 近藤 剛史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Aki Nanako
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《荒木 菜奈子 (Araki Nanako) @ 医学部 [学部学生] 2014年4月〜2018年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  9. 黒田 暁生([徳島大学.先端酵素学研究所.糖尿病臨床・研究開発領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 遠藤 逸朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 松久 宗英([徳島大学.先端酵素学研究所.糖尿病臨床・研究開発領域]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任))
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 松本 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Diabetic conditions differentially affect the endothelial function, arterial stiffness and carotid atherosclerosis.

副題 任意
要約 任意

(英) Aim: The levels of fasting and postprandial plasma glucose, HbA1c and other risk factors for atherosclerosis have distinct effects in patients with and those without diabetes mellitus. The aim of this study was to determine the impact of diabetic surrogate markers on the endothelial function, arterial stiffness and carotid atherosclerosis in individuals with and without diabetes. Methods: A total of 320 Japanese subjects(mean age: 61.2±12.1 years) were recruited in this study. Demographic, clinical and laboratory parameters, including 75 g OGTT(155 subjects) results, were examined. The endothelial function was evaluated according to the flow-mediated vasodilation of the brachial artery(%FMD). In addition, arterial stiffness was evaluated according to the brachial-ankle pulse wave velocity(baPWV), and carotid atherosclerotic changes were estimated according to the maximum intima-media thickness(max-IMT) and resistive index of the common carotid artery(CCA-RI). A multiple regression analysis was performed to identify independent determinants of these vascular surrogate markers. Results: None of the glucose-related parameters were associated with the %FMD. In contrast, the presence of T2DM, the HbA1c level and an increased plasma glucose level at 60 minutes during 75 g OGTT were associated with an increased baPWV. The HbA1c level was also correlated with an increased max-IMT. The fasting plasma glucose(FPG) level and the presence of T2DM correlated with an increased CCA-RI. In the subjects with T2DM, the protective effects of high-density lipoprotein cholesterol(HDL-C) on the %FMD and baPWV were abolished. Conclusions: Various glucose metabolism parameters have different effects the degree of arterial stiffness and presence of carotid atherosclerosis, but not the endothelial function, suggesting that pharmacological intervention has the potential to preserve the endothelial function in diabetic individuals. In addition, the presence of T2DM blunts the vascular protective effects of HDL-C on the endothelial function and progression of arterial stiffness.

キーワード 推奨
  1. (英) Type 2 diabetes
  2. (英) Endothelial function
  3. (英) Arterial stiffness
  4. (英) Carotid atherosclerosis
発行所 推奨 (英) Japan Atherosclerosis Society
誌名 必須 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis(日本動脈硬化学会)
(pISSN: 1340-3478, eISSN: 1880-3873)
ISSN 任意 1880-3873
ISSN: 1340-3478 (pISSN: 1340-3478, eISSN: 1880-3873)
Title: Journal of atherosclerosis and thrombosis
Title(ISO): J. Atheroscler. Thromb.
Supplier: 一般社団法人 日本動脈硬化学会
Publisher: Japan Atherosclerosis Society
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 21
必須 5
必須 486 500
都市 任意
年月日 必須 2014年 1月 8日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130004444734/
DOI 任意 10.5551/jat.20834    (→Scopusで検索)
PMID 任意 24401746    (→Scopusで検索)
NAID 任意 130004444734
WOS 任意 000342070300012
Scopus 任意 2-s2.0-84901494272
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article