徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [能勢 隼人]/[大塚 秀樹]/[音見 暢一]/Terazawa K/[髙尾 正一郎]/[岩本 誠司]/[岩瀬 俊]/[山田 博胤]/[佐田 政隆]/[原田 雅史]/The physiological uptake pattern of (18)F-FDG in the left ventricular myocardium of patients without heart disease./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
277125
EOID
877972
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 14:02:45
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐田 政隆
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 能勢 隼人
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 大塚 秀樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.画像医学・核医学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 音見 暢一([徳島大学.病院.中央診療施設等.放射線部]/[徳島大学.病院.診療科.放射線科.放射線診断科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Terazawa K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 髙尾 正一郎([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像解析学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 岩本 誠司([徳島大学.病院.診療科.放射線科.放射線診断科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 岩瀬 俊
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 山田 博胤([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域循環器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 佐田 政隆([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.循環器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 原田 雅史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The physiological uptake pattern of (18)F-FDG in the left ventricular myocardium of patients without heart disease.

副題 任意
要約 任意

(英) Purpose: The purpose of this study was to evaluate the physiological uptake pattern of 18F-FDG in the left ventricular myocardium of patients under preparation for tumor FDG-PET. Patients and Methods: We enrolled 188 patients without cardiac disease. The accumulation patterns were classified as either none, diffuse, focal or focal on diffuse. When a focal uptake was only observed on the basal wall, then the patterns were classified as having either a ring, over half or spot uptake. Results: The frequencies of the myocardial FDG uptake patterns were as follows: none, n=52 (27.7%); diffuse, n=63 (33.5%); focal on diffuse, n=40 (21.3%) and focal, n=33 (17.6%). The age, blood glucose level, weight and dose of FDG did not differ significantly for each pattern. The focal and focal on diffuse patterns were seen in 73 patients, and 65 patients had a focal uptake only on the basal wall; ring uptake in 29 patients, over half in 20 and spot uptake in 16 patients. Conclusions: The physiological myocardial uptake showed several patterns. Focal uptake was often seen in patients with cardiac disease, but it did not always indicate an abnormal finding when the accumulation was only on the basal wall.

キーワード 推奨
  1. (英) F-FDG PET
  2. (英) heart
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 人工心臓 (artificial heart)
    [キーワード] 心疾患 (heart disease)
    [キーワード] 心臓 (heart)
    [キーワード] 心拍 (heartbeat)
    [キーワード] 心不全 (heart failure)
    [キーワード] 補助人工心臓 (auxiliary artificial heart)
  3. (英) physiological myocardial uptake
  4. (英) fasting state
発行所 推奨 徳島大学
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 61
必須 1, 2
必須 53 58
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2014年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.61.53    (→Scopusで検索)
PMID 任意 24705749    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 109517
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article