徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [野田 佳子]/[桃田 幸弘]/[里村 一人]/[鎌田 伸之]/[石丸 直澄]/[長山 勝]/上顎洞に発症したアスペルギルス症の1例 : 血清学的検査の有用性についての考察/[日本口腔外科学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
276457
EOID
727868
Map
0
LastModified
2014年3月20日(木) 11:02:17
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
山村 佳子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 野田 佳子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科]/->個人[山村 佳子])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 桃田 幸弘([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔内科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 里村 一人
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 鎌田 伸之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 長山 勝
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A case of aspergillosis of the maxillary sinus: discussion of the usefulness of serological examinations

(日) 上顎洞に発症したアスペルギルス症の1例 : 血清学的検査の有用性についての考察

副題 任意
要約 任意

(英) Aspergillosis is caused by infection with <I>Aspergilli</I>. It is often difficult to make an exact diagnosis before identification of <I>Aspergilli</I> by microbial examination because aspergillosis is difficult to differentiate from other diseases. We present a case of aspergillosis of the maxillary sinus that could be diagnosed on serological examination for <I>Aspergilli</I> or fungi specific sugar.<BR>A 51-year-old woman visited to our hospital because of swelling in the gingiva of the maxilla. Radical operation of the maxillary sinus was performed for a clinical diagnosis of aspergillosis of the maxillary sinus. Histopathological examination revealed <I>Aspergilli</I> in the extirpated tissue of the maxillary sinus. Serological examinations showed elevated serum levels of galactomannan and β-D-glucan. Galactomannan is a specific marker for <I>Aspergilli</I>, and β-D-glucan is specific for fungi. Both makers fell to normal levels after operation, Suggesting that serological examinations for galactomannan and β-D-glucan are useful in the diagnosis of aspergillosis of the maxillary sinus.

キーワード 推奨
  1. (英) aspergillosis / (日) アスペルギルス症
  2. (英) maxillary sinus / (日) 上顎洞
  3. (英) serological examination / (日) 血清学的検査
  4. (英) galactomannan / (日) ガラクトマンナン
  5. (英) β-D-glucan / (日) β-D-グルカン
発行所 推奨 社団法人 日本口腔外科学会
誌名 必須 日本口腔外科学会雑誌([社団法人 日本口腔外科学会])
(pISSN: 0021-5163, eISSN: 2186-1579)
ISSN 任意 0021-5163
ISSN: 0021-5163 (pISSN: 0021-5163, eISSN: 2186-1579)
Title: Nihon Koku Geka Gakkai zasshi
Title(ISO): Nihon Koku Geka Gakkai Zasshi
Supplier: 社団法人 日本口腔外科学会
Publisher: Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 47
必須 12
必須 811 814
都市 任意
年月日 必須 2001年 12月 20日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10009461374/
DOI 任意 10.5794/jjoms.47.811    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10009461374
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意