徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Maki, Atsuo/Umeda, Naoya/[上田 哲史]/非ハミルトニアンな厳密解を用いた横波におけるロール動作のメルニコフ積分表現:解析的拡張と数値検証/[Journal of Marine Science and Technology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
276409
EOID
932437
Map
0
LastModified
2018年11月27日(火) 10:13:36
Operator
上田 哲史
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
上田 哲史
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.情報センター(2010年7月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Maki, Atsuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Umeda, Naoya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 上田 哲史([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.知能情報コース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Melnikov integral formula for beam sea roll motion utilizing a non-Hamiltonian exact heteroclinic orbit: analytic extension and numerical validation

(日) 非ハミルトニアンな厳密解を用いた横波におけるロール動作のメルニコフ積分表現:解析的拡張と数値検証

副題 任意
要約 任意

(英) In the research field of nonlinear dynamical system theory, it is well known that a homoclinic/heteroclinic point leads to unpredictable motions, such as chaos. Melnikov's method enables us to judge whether the system has a homoclinic/heteroclinic orbit. Therefore, in order to assess a vessel's safety with respect to capsizing, Melnikov's method has been applied for investigations of the chaos that appears in beam sea rolling. This is because chaos is closely related to capsizing incidents. In a previous paper (Maki et al. in J Mar Sci Technol 15:102 106 2010), a formula to predict the capsizing boundary by applying Melnikov's method to analytically obtain the non-Hamiltonian heteroclinic orbit was proposed. However, in that paper, only limited numerical investigation was carried out. Therefore, further comparative research between the analytical and numerical results is conducted, with the result being that the formula is validated.

(日) 船の横揺れ現象に現れるカオス現象は,船舶の転覆と密接な関係があるため,古くから研究の対象となってきた,本研究では,これまでに著者らが提案した転覆限界を見積もるための理論計算手法と数値実験結果を比較した.その結果,理論的に求めた転覆限界を示すパラメータ値において,初期値平面のフラクタル的浸食が生じることを確認し,手法の妥当性を確認した.

キーワード 推奨
  1. (英) Melnikov's method
  2. (英) Beam seas
  3. (英) Roll motion
  4. (英) Non-Hamiltonian exact heteroclinic orbit
発行所 推奨 Springer
誌名 必須 Journal of Marine Science and Technology(日本船舶海洋工学会)
(pISSN: 0948-4280, eISSN: 1437-8213)
ISSN 任意 0948-4280
ISSN: 0948-4280 (pISSN: 0948-4280, eISSN: 1437-8213)
Title: Journal of marine science and technology
Title(ISO): J Mar Sci Technol
Supplier: Springer Online Journal Archive
Publisher: Springer
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 19
必須 3
必須 257 264
都市 任意
年月日 必須 2014年 3月 6日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s00773-013-0244-z    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意 000341095700002
Scopus 任意 2-s2.0-84906786692
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意