徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [柘植 覚]/Ichikawa Ken/[北岡 教英]/Takeda Kazuya/[北 研二]/距離の組み合わせによる音声内容検索およびハッシュ関数を用いた音声検索語検出/Proceeding of the 10th NTCIR Conference

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
275767
EOID
758000
Map
0
LastModified
2014年11月26日(水) 17:44:14
Operator
北岡 教英
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
北 研二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 柘植 覚
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Ichikawa Ken
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 北岡 教英
    役割 任意

    (日) 共同研究者として,研究手法に関する助言を行った.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Takeda Kazuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 音声検索語検出手法の提案,プログラム開発,評価を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Spoken Content Retrieval Using Distance Combination and Spoken Term Detection Using Hash Function for NTCIR10 SpokenDoc2 Task

(日) 距離の組み合わせによる音声内容検索およびハッシュ関数を用いた音声検索語検出

副題 任意
要約 任意

(英) In this paper, we describe a spoken content retrieval (SCR) and a spoken term detection (STD) which were used in the 2nd round of the IR (Information Retrieval) for Spoken Documents (SpokenDoc2) task. The SCR method maps the target documents into multiple vector spaces, which are the word-based vector space constructed by the word-based speech recognition results and the syllable-based vector space constructed by the syllable-based speech recognition results, by a vector space model. In the STD method, the sub-sequences extracted from target document are converted into the bit sequences by using the hash function. A query is also converted into a bit sequence by the same way. The candidates are detected by calculating hamming distance between the bit sequence of the query and that of target documents.

(日) 本論文では,NTCIR10 SpokenDoc2タスクで用いられた音声内容検索(SCR)および音声検索語検出(STD)で用いられた手法について説明した.SCRでは,音声認識結果から得られる単語のベクトル空間および音節のベクトル空間で計算される類似度を統合することにより,音声内容検索を行った.STDでは,音声ドキュメントおよび検索質問双方をハッシュ関数によりビットベクトルに変換後,ハミング距離を計算することにより検索語検出を行う手法を提案した.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceeding of the 10th NTCIR Conference
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 597 603
都市 必須
年月日 必須 2013年 6月 18日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意