徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Yuniawan Dani/[伊藤 照明]/Mohamad Bin Effendi/Measurement of Production Line Performance Based on OEE Extension/日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2014・講演論文集

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
275485
EOID
757357
Map
0
LastModified
2014年11月25日(火) 08:14:24
Operator
伊藤 照明
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
伊藤 照明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. Universiti Teknikal Malaysia Melaka
  2. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Yuniawan Dani
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 伊藤 照明
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Mohamad Bin Effendi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Measurement of Production Line Performance Based on OEE Extension

副題 任意
要約 任意

(英) The objective of this research is to propose an extension of the Overall Equipment Effectiveness (OEE) by including information on OEE prediction through simulation modelling and experiments procedure (SMEP) in order to extent the benefit of OEE as key performance indicator (KPI). To succeed in total productive maintenance (TPM) implementation, a company needs to have the expertise in deciding which workstation or production lines needs priority improvements. This process simulation approach enables the decision-makers to forecast the output of manufacturing processes and the effectiveness of TPM, based on the input values. This study reveals the feasibility of the proposed decision support system. SMEP is able to address the complex interdependent input parameters in manufacturing line and provides the company with time to react to emerging problems evaluate potential solutions and decide on TPM implementation.

(日) 総合設備効率(overall equipment effectiveness, OEE)は,生産設備の稼動効率に関する階層化された指標であり,その結果の汎用性ゆえに,異なる産業であっても比較することが可能である.本研究では,このOEEを基に新たに拡張型OEEを定義し,TPM(総合生産保全)の指標として用いる手法を提案する.本手法を用いるための生産シミュレーションモデルを構築し,シミュレーションによる評価実験を行った.本稿では,評価実験のについて報告し,本研究で提案する手法の有効性について議論する.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本機械学会
誌名 必須 (日) 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2014・講演論文集
ISSN 任意
必須 14
必須 7
必須 306 306
都市 必須 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2014年 3月 17日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意