徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Mohamad Bin Effendi/[伊藤 照明]/Yuniawan Dani/Simulation-based decision support system for lean practitioners/日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2014・講演論文集

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
275484
EOID
757358
Map
0
LastModified
2014年11月25日(火) 08:14:40
Operator
伊藤 照明
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
伊藤 照明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. Universiti Teknikal Malaysia Melaka
  2. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Mohamad Bin Effendi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 伊藤 照明
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Yuniawan Dani
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Simulation-based decision support system for lean practitioners

副題 任意
要約 任意

(英) Implementing lean manufacturing (LM) enables companies to produce any product range in any order or quantity. To succeed in LM implementation, personnel need to have the expertise in deciding which LM tool to implement at the right time and on the right place. However, this expertise is not always available. In previous study, a simulation-based decision support system (SDSS) is proposed to address the gap between lean practitioners and simulation-based approaches in terms of expertise in utilising simulation software tools and supporting real-time decision making by providing four functions through interactive use of process simulation. The functions are layout, zoom-in/zoom-out, task status and Key Performance Indicators (KPI) status. This study reveals the feasibility of the proposed decision support system. SDSS is able to address the complex interdependent input parameters in manufacturing line and provides lean practitioners with time to react to emerging problems, evaluate potential solutions and decide on LM implementation.

(日) リーン生産方式を導入することで,様々な利点が期待される.しかし,リーン生産のためのツールから,適切なツールを選択することは知識と経験を要することであり,導入に失敗する例が多数報告されている.本研究では,生産シミュレーションモデルを用いたリーン生産導入支援システムの開発を行っている.本稿では,開発しているシステムの概要を紹介し,リーン生産ツールに不慣れな技術者にその効用をシミュレーションによって示す手法について紹介する.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本機械学会
誌名 必須 (日) 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2014・講演論文集
ISSN 任意
必須 14
必須 7
必須 302 302
都市 必須 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2014年 3月 17日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意