徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 佐藤 文彬/[荒川 幸弘]/[南川 慶二]/[今田 泰嗣]/多孔性高分子固定化フラビンの合成とこれを触媒とするオレフィンの水素添加反応/日本化学会第94春季年会

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
275344
EOID
945558
Map
0
LastModified
2019年5月13日(月) 22:49:48
Operator
荒川 幸弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
今田 泰嗣
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士前期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Sato Fumiaki / (日) 佐藤 文彬 / (読) さとう ふみあき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 荒川 幸弘([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 南川 慶二([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 今田 泰嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Prepanation of Flavin-bound Microporous Polymers and Their Catalysis for Hydrogenation of Olefins

(日) 多孔性高分子固定化フラビンの合成とこれを触媒とするオレフィンの水素添加反応

副題 任意
要約 任意

(英) Flavin molecules can be used as an effective organocatalyst for biomimetric oxidation reactions, such as heteroatom oxidation and dehydrogenation. We have prepared novel flavin-bound microporous polymers and found that these polymers act as effective organocatalysts for aerobic hydrogenations of olefins.

(日) フラビン分子はヘテロ原子化合物への酸素添加反応や脱水素反応等の生合成型の酸化反応における有機分子触媒として機能する.今回我々は,リボフラビンテトラメタクリラートとエチレングリコールジメタクリラートとのラジカル共重合により,リボフラビンを固定化した新規な多孔性高分子poly(RFlTMA-co-EGDMA)を合成した.poly(RFlTMA-co-EGDMA)を触媒としてヒドラジンを用いるオレフィンの水素添加反応を検討したところ,反応は効率よく進行し,回収,再利用においてもその触媒活性が維持される.

キーワード 推奨
発行所 推奨 社団法人 日本化学会
誌名 必須 (日) 日本化学会第94春季年会
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 ---
都市 必須 名古屋(Nagoya/[日本国])
年月日 必須 2014年 3月 29日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) 3B7-57

    (日) 3B7-57