徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 藤澤 日明/[松本 和幸]/[吉田 稔]/[北 研二]/キャラクターの目に着目したイラストの作者識別/Proceedings of 20th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
275127
EOID
903045
Map
0
LastModified
2018年5月4日(金) 21:42:39
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 和幸
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 修士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Fujisawa Akira / (日) 藤澤 日明 / (読) ふじさわ あきら
    役割 任意

    (日) 筆頭著者として研究手法の提案および評価実験,論文執筆を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共著者として実験結果の分析およびその考察を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 吉田 稔([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共著者として関連文献の調査とデータの分析結果の考察を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共著者として研究の総括および実験結果の考察の一部を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Identifying who drew the illustration focusing on the eyes of the characters

(日) キャラクターの目に着目したイラストの作者識別

副題 任意
要約 任意

(英) In this paper, we aimed to automatically identify who draw the of illustration image. Designs of illustration image differ depending on the illustrators. Also, it is difficult to find out common characteristics from the several illustrations drawn by illustrator. We tried to identify who drew the illustration by detecting distinctive habits of the illustrator from his/her works and by using them as the feature. To obtain the feature, we focused on the area of eyes of the illustrated characters. We obtained the edge information from there and calculated percentage of the edges. We call this percentage a "Line Percent" and considered it as the unique feature quantity of the illustrator. From an experiment, the average recall was 35 % and some of the recalls were over 90%. This result suggested that we could identify who draw the illustration images to some extent by using Line Percent as the feature.

(日) 本論文では,イラスト画像の作者識別を行うことを目標とする.イラスト画像は作者によって絵柄が大きく異なる. また同一の作者であっても作品によってモチーフや構図などが異なり,一見して同じ作者の作品から共通点を探し出すことは難しい. そこでイラスト画像から作者の描き方の癖を特徴量として抽出し,それを利用して作者識別を行えないか考えた. 識別実験の結果,再現率は平均35%,作者ごとに調べると90%の再現率が得られた作家もいた.このことから,イラスト画像の書き込み具合を特徴量として用いることにより,ある程度作者を識別することができることがわかった.

キーワード 推奨
  1. 画像処理(image processing)
  2. (英) Identifying
  3. (英) Illustration
  4. (英) Edge
  5. (英) Canny Edge Detection
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of 20th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 82 89
都市 必須
年月日 必須 2014年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意