徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [石原 国彦]/塚本 隼也/[一宮 昌司]/吸音材の諸元がダクト内音場の音響減衰に及ぼす影響について/[日本機械学会論文集]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
274606
EOID
919623
Map
0
LastModified
2018年8月14日(火) 14:02:09
Operator
一宮 昌司
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
一宮 昌司
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. エネルギー変換工学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 石原 国彦
    役割 任意

    (日) テーマの計画,解析,考察,記述,論文執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Tsukamoto Shunya / (日) 塚本 隼也 / (読) つかもと しゅんや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 一宮 昌司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Study on Effect of Absorbent on Acoustic Damping of Duct

(日) 吸音材の諸元がダクト内音場の音響減衰に及ぼす影響について

副題 任意
要約 任意

(英) The acoustic material has been used inside ducts as a countermeasure of the self-sustained tone generated from heat exchangers and boilers. However the effects of the amount of acoustic material and its patching position in a lined duct on the acoustic damping in its duct have not been established. It can be expected that we can suggest the guideline of absorbing treatment at the design stage to avoid the generation of the self-sustained tone. In this study, the experiment and the analysis are carried out to clarify the problems mentioned above. First the usefulness of the analytical method by BEM is shown by comparing experimental results referring to the acoustic damping in the duct. Next, the effects of the amount of acoustic material and its patching position relative to the noise source on the acoustic damping in the duct are examined by BEM analysis. As a result, it was confirmed that the analytical method due to BEM was useful to predict the acoustic damping because the analytical results of acoustic damping were in good agreement with the experimental ones. And the acoustic damping was also clarified to be affected strongly by the positional relation between the noise source and the acoustic material. In addition, it was effective to patch the acoustic material near the noise source.

(日) 熱交換器から発生する空力自励音と呼ばれる大音響の異音を抑制する手段としての吸音処理法について着目した.熱交換器内の管群に流体が通り抜けるときカルマン渦が発生し,その脱落周波数とダクトの気柱共鳴周波数が接近した時,共鳴あるいは空力自励音が発生する.この対策として用いられている吸音材による音響減衰を解析で求めた.吸音材中心位置が音源位置と一致するように貼り付けると効果的であった.

キーワード 推奨
  1. (英) Acoustic Material / (日) 音響材
  2. (英) BEM / (日) 境界要素法
  3. 空力自励音(self-sustained tone)
  4. (英) Tubes Bank / (日) 管群
  5. (英) Lined Duct / (日) 直線ダクト
発行所 推奨 (英) The Japan Society of Mechanical Engineers
誌名 必須 日本機械学会論文集([日本機械学会])
(eISSN: 2187-9761)
ISSN 任意 2187-9761
ISSN: 2187-9761 (eISSN: 2187-9761)
Title: 日本機械学会論文集
Supplier: 一般社団法人 日本機械学会
Publisher: The Japan Society of Mechanical Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 80
必須 809
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2014年 1月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130005004849/
DOI 任意 10.1299/transjsme.2014dr0013    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130005004849
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意