徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [杉山 茂]/四宮 一平/木寅 龍太/[中川 敬三]/[加藤 雅裕]/Recovery and Enrichment of Phosphorus from the Nitric Acid Extract of Dephosphorization Slag/[Journal of Chemical Engineering of Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
274557
EOID
900583
Map
0
LastModified
2018年4月25日(水) 14:22:02
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
杉山 茂
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.先進物質材料部門.機能性材料(2006年4月1日〜2016年3月31日)
  2. 徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座(2012年4月1日〜)
著者 必須
  1. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Shinomiya Ippei / (日) 四宮 一平 / (読) しのみや いっぺい
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Kitora Ryuta / (日) 木寅 龍太 / (読) きとら りゅうた
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 中川 敬三
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 加藤 雅裕([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Recovery and Enrichment of Phosphorus from the Nitric Acid Extract of Dephosphorization Slag

副題 任意
要約 任意

(英) A method for the recovery and enrichment of the phosphate from dephosphorization slag was examined. First, the elution of aqueous phosphate from dephosphorization slag using aqueous HNO3 was examined using both the batch and flow methods. With the batch method, 82% of the dephosphorization slag could be dissolved within 30 min using 1.0 mol/L HNO3, indicating that the batch method could be used for mass processing to extract phosphorus in the bulk phase, but all components contained in the slag were unselectively dissolved. In contrast, by using 0.05 mol/L HNO3 via the flow method, 22% of the slag was dissolved for 100 min giving a more selective dissolution of phosphate from the slag compared with the batch method, which indicated that this method would be incompatible with mass processing for the purpose of extracting phosphorus in the bulk phase. In order to remove the Fe-species in the aqueous solution obtained by the batch method using 1.0 mol/L HNO3, which has been referred to as the ``slag solution,'' it was necessary to add calcium hydroxyapatite (CaHAp) to the slag solution. The optimal conditions for the removal of Fe-species using CaHAp were observed at a solution pH of ca. 1.5, which resulted in 100% removal of the Fe-species after 4 h. When the pH of the slag solution was adjusted to 7.0 after removing the Fe species, a pale pink solid sample was precipitated. The amounts of phosphate in the slag solution and in the pink solid were 3.5 and 42.0 mol%, respectively, indicating that the treatment suggested in the present study could be used for the recovery and enrichment of phosphate, that is, phosphorous, from dephosphorization slag.

(日) 脱リンスラグからのリンの回収と濃縮について検討した.回分式反応器を用いて脱リンスラグを1.0 mol/L HNO3で処理を行うと82%溶解できたが,リンを選択的に溶出できなかった.そこで0.05 mil/L HNO3で処理すると22%しか溶解できなかったが,リンを比較的選択的に溶出できた.溶解後に共存する鉄をカルシウム水酸アパタイトで除去し,溶液のpHを7.0にすることにより42%のリンを含むリン化合物を溶出させることができた.

キーワード 推奨
  1. (英) Dephosphorization slag
  2. (英) Recovery of phosphate
  3. (英) Enrichment of phosphate
  4. (英) Calcium hydroxyapatite
発行所 推奨 社団法人 化学工学会
誌名 必須 Journal of Chemical Engineering of Japan([社団法人 化学工学会])
(pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
ISSN 任意 0021-9592
ISSN: 0021-9592 (pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
Title: JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN
Supplier: 公益社団法人 化学工学会
Publisher: Society of Chemical Engineers Japan
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 47
必須 6
必須 483 487
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2014年 4月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130004145819/
DOI 任意 10.1252/jcej.13we065    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130004145819
WOS 任意 000338510800007
Scopus 任意 2-s2.0-84902793596
機関リポジトリ 109887
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意