徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Amou T/[日野出 大輔]/[吉岡 昌美]/Grenier D/Relationship between halitosis and periodontal disease - associated oral bacteria in tongue coatings./[International Journal of Dental Hygiene]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
274230
EOID
722941
Map
0
LastModified
2014年2月7日(金) 11:59:49
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
吉岡 昌美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Amou T
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《天羽 朋子 (Amou Tomoko) @ 総合科学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    《天羽 晃大 (Amou Kouta) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 日野出 大輔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 吉岡 昌美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Grenier D
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] Grenier Daniel
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Relationship between halitosis and periodontal disease - associated oral bacteria in tongue coatings.

副題 任意
要約 任意

(英) These results suggested that periodontal disease-associated oral bacteria in TCs are closely related to halitosis and that tongue cleaning may be an effective method for improving halitosis.

(日) There was a significant correlation between TC scores and OR values, methylmercaptan (CH3 SH) concentrations and VSC concentrations (Spearman's rank-correlation coefficient test, P < 0.01). There was also a positive correlation between the clinical parameters of halitosis and total bacterial numbers and Prevotella intermedia, Fusobacterium nucleatum and Campylobacter rectus concentrations in the TC samples. However, there was no similar correlation with respect to the saliva samples. The participants were sub-divided into two groups based on whether they had the habit of tongue cleaning or not. The participants with the habit of tongue cleaning had significantly lower OR scores, VSC concentrations and P. intermedia, F. nucleatum and C. rectus levels than the other participants (Mann-Whitney U-test, P < 0.05).

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 International Journal of Dental Hygiene(International Federation of Dental Hygienists)
(pISSN: 1601-5029, eISSN: 1601-5037)
ISSN 任意 1601-5037
ISSN: 1601-5029 (pISSN: 1601-5029, eISSN: 1601-5037)
Title: International journal of dental hygiene
Title(ISO): Int J Dent Hyg
Supplier: International Federation of Dental Hygienists
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須
必須
必須
都市 任意
年月日 必須 2013年 7月 26日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/idh.12046    (→Scopusで検索)
PMID 任意 23890391    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: JOURNAL ARTICLE